Main Page

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 19

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 20


2004年 10月 1日 (金)  
大学。エレベータのスイッチを押すときに、

「なんでやね〜ん」

と言いながら、つっこみの姿勢でスイッチを押す私を発見した。
自分でいうのも何だが、どうかと。

「ねっとで百人一首」のフレームレート管理、時間管理のあたりを実装した。


2004年 10月 2日 ()  
情報学類の同窓会の幹事会があるので東京へ。
今日は話し合い? が白熱しており、戦々恐々だった。

今日は土浦にて花火大会。つくばに戻るバスの中から少し見えた。
んでつくば。遅ばせながら大学の総合研究棟から花火を眺める WORD の集いに参加。
土浦までかなりの距離があるせいか、そこまでの迫力は伝わってこず、残念だった。

とまれ、酒と肴でいい感じだった。
大学を出たのは、01:40 くらい。


2004年 10月 3日 ()  
昼過ぎに起きる。
酒を飲んだ次の日は十分に寝るせいか、いつもより気分がよい。

少しばかり部屋を掃除するも、基本的には寝て過ごす


2004年 10月 4日 (月)  
ロボットの倒立制御をやる予定。
組み込みプロセッサの SH7045F にジャイロを接続した。
んで、プロセッサへの回路追加、A/D変換器を経由したデータの取得プログラムは
問題なく動作。

んで、そこまで普通に終わった後の、研究室の人との会話。

「あの...、ジャイロって何の値が取得できるの?」

「角速度です」

「そうなんだ、ありがとう」

質問した後、「言われるまで、知らんかったんかい、俺!」
と自己ツッコミを入れておいた。
仕様書の意味がなんとなく分かれば、どうにでもなるっぽい。



タイピングソフトは、HTTP のプロトコルについて調べ、POST 要求にてデータを
転送するクラスを作ったあたり。
例えば、以下のような文字列を送れば、サーバでは POST 転送として処理された。
POST ~/page.php HTTP/1.0
Host: localhost
Content-Length: 10
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded

entry=name
できてしまえば、結構簡単だな。
今まで知らなかったことについて、理解が進むのはいい感じ。


2004年 10月 5日 (火)  
タイピングソフトの基本的な部分の実装を一通り終わらせる。
「ネットワーク百人一首」と銘打っているのに、
ネットワーク機能が未実装なのは、...まぁ、そんな感じ。
そのうち、使っている素材の著作者の人たちに許可を取ってから配布する予定。

研究室では、内部で使うDBと、それにアクセスする PHPページの作成を
ペアプログラミングで行ったりした。

今日も、頑張った。


2004年 10月 6日 (水)  
昼、「研究室の包丁とかは、研がないんですか?」との挑戦を受けていたので、
夜中の研究室にて包丁を研ぐ。

砥石を水につけ、しばらくしてから台の上に置き、

シャッ、シャッ、シャッ、シャーーー

って感じ。
当時、研究室には3人もの人が居たが、誰からも突っ込みがなかった。
放置プレイ?

「なにやってるんですか〜〜?!」

くらいのツッコミはあっても良いのではなかろうか...。
ボケ甲斐のない研究室にいることを実感し、ちょっと悲しかった。

卒業生の一人にメッセンジャーで愚痴り、最後に

「そちらも頑張ってボケてください」

「うん。ロボ研のことは私にまかせろ!」

「すてきすぎる」

という会話を交わしたりした。
うん。頑張ろう。



廊下にて双掌打の型を練習していたときのこと、研究室の人が通りかかる。
もしかして見られた?

質問してみよ〜〜♪

「見た?」

「何も見てないですよ...。何も見てないですよ...」

2回繰り返された。
あまつさえ、視線を合わせなかったし、立ち止まろうともしなかった。
見られたらしい、恥ずかしいな...。

なかったことにしたい。



あと、今日は研究室に、オーストラリアのモナッシュ大学の博士課程の人が来る日。
私は研究室内のデモ発表のアレンジをする係。
するのはデモのアレンジだけで、案内は先生がやる予定だった。が、先生来て曰く、

先生: 「今から1時間くらい会議だから、案内よろしく」

...は?

私:   「初めて聞きましたが?」

先生: 「うん、初めて言った」

...

やりよる。つか、「うん」じゃねぇ。
まぁ、よかろ。

しばらくして、到着したという連絡があったので、迎えに行く。
んで、研究室へ移動するまでの道すがら、頑張って英語で会話する。

私:   (「筑波までは、何の交通手段で来たんですか?」を英語で言ったつもり)

相手: 「Almost by bus」

私:   「Oh, bus..., bus...」

...


すまん、英語で世間話は無理だ


まぁ、早口でなければ、意味は分かるし、実際に英語で説明するのは
デモをお願いした人たちなので、なんとか乗り切った。

いい経験になった、ことにしておく。



タイピングソフト、かな変換のあたりを調整した。


2004年 10月 7日 (木)  
本日、研究グループの勉強会があり、第1回は私が発表。
デビット・マー先生の「Vision」って本が教材。
仕方がないので読む。つか、勉強会の当日に準備を始めるなよ...。
が、興味のない専門書を読むことの、なんと苦痛なことか。

担当箇所を何回か読み、3時間くらい仮眠し、
発表の3時間前になってからスライドを作成する私。以下、作業ログ。
11:00	ノートへの書き出しは終わった。次は、これらをスライドにするあたり
11:03	さて
11:05	ノートを見直す
11:06	つまり、赤入れ作業
11:09	スライドの構成について考える
	・発表内容全体の概略
	・各、分類毎に説明
	って感じ
11:14	では、スライドの作成を開始する
11:40	概要を書き終えた。スライド4,5枚程度にする予定
11:42	ぶっちゃけ、残りはスライドなしでもよい
11:43	じゃぁ、なしで!!
きっと、11:43 の私は輝いていたに違いない。
あと、11:03 の「さて」って意味不明だな...。



まぁ、それはさておき、スライドも作ったし研究室へ。
んで到着早々、同じ研究グループの人と以下のやりとり。

「なんで昨日の研究打ち合わせ、こなかったんですか?」

はっ? 昨日? 明日じゃなくて?

「あ、やっぱり忘れてたんだ〜♪」

...

私、想定範囲内な出来事は、動じずに処理しているつもりだが、
予想外の出来事が発生すると、いいことであれ、悪いことであれ、
呆(ほう)けた状態になる。
どうやら、呆けていたらしく、

「あ、ショック受けてる〜♪」

などと言われた気がする。つか、もうちょっといたわって欲しいです。
いや、そんな事よりも、昨晩、遠方から来ていただいている先生に、

「次回の研究打ち合わせは、金曜です」

って自信たっぷりにメールしちゃってた。
...死にたい。



気を取り直して勉強会の発表を行う。

参加者が私を含めて4人ということもあり、まったりと。
本の著者は、デビット・マー。発表中の説明にて、

「マー、そんな感じです」

と言うたびに、ちょっといい気分になった。



あと、今日も勉強会中に廊下から挑発(過去の日記)されたので、後で叱りに行った。
ちなみに今日は、手を頭の上に乗せ、うさぎさんの真似だった。ほのぼの。

叱りに行ったら、机の下に隠れられたので、簡潔に叱ることにする。

「めっ!」

大学の研究室でのやりとりとは思えないが、マー、よかろ。
しかし、机の下に隠れて「助けてお母さ〜ん」と言うのはやめて頂きたい。
良心がえぐられるようだ。


2004年 10月 8日 (金)  
北陽電機(株)の測域センサを PC から使うためのライブラリを C++ にて作り直す。

あと、お茶を飲んでいたら、研究室の人から あられを分けて貰った。
いい人だ。
すっかり餌付けられた感あり。


2004年 10月 9日 ()  
本日、午後の便で、実家に帰ろうと思っていたが、
飛行機の時間が、ちょうど台風の接近する時間と重なるので、帰省しない事にする。
(後で確認したら、その便は欠航してた...)



昼、研究室にあったおみやげの「笹かまぼこ」を舌のごとく口にくわえ、

あっかんべー

ってボケたら、

「この非常時に何をやってるんですか?」

と言われる。

「台風だから、仕方ない」

と言っておいた。相手も「そりゃ、仕方ないっす」と納得していた。
あぁ、いい感じだ。

って、このあたりでふと気づく、研究室にいるときの私に足りなかったのは、
このボケた後の充実感なのだと。

私のボケに、適切なツッコミを入れてくれる相方はいないものか...。


2004年 10月 10日 ()  
一応の動作をするようになったタイピングソフトを WORD部屋に持っていき、
いろんなコメントを頂く。いい感じだ。
バグも多少見つかった。

あと、MacOS でも動作したらしい。SDL さまさまだな。


2004年 10月 11日 (月)  
タイピングソフト、MinGW でコンパイルして、Winodws でも動作した。
いい感じ。
なので、Windows 用にアイコン作っておいた。
んで、配布準備と称して、利用している素材の提供者へメールを出したりとか。

あとは、夜から朝にかけて、タイピング結果を Webサーバで受信し、
ランキングページとか、個人の打ち込みデータをグラフ表示する PHP ページを
作ったりとか。ちゃんと動作して、いい感じ。

http://www.roboken.esys.tsukuba.ac.jp/~satofumi/netTyping/personalProfile.php

そうそう、百人一首の本を今頃買ったりもした。


2004年 10月 12日 (火)  
北陽電機(株)の測域センサを使うためのライブラリを GNUパッケージ化した。
Doxygen化はこれから。

そうそう、タイピングソフトでフォントを利用している人からの返事が来ており、
使わないフォントを削った専用の軽量フォントセットを作って下さる。とのこと。


感激!!


いや、マジで。
なんか、やる気になってきた。やる気まで分けて貰った感あり。

ちなみに、その人のサイトはここ。フリー扱いのフォントを配布してらっしゃる。
http://yozvox.web.infoseek.co.jp/



大学の書籍部にて、システム手帳と「珠玉のプログラミング」を購入。
システム手帳は、もう予定を間違えないために、しぶしぶと購入。(過去の日記)

あと「珠玉のプログラミング」は面白い。超おすすめ。


2004年 10月 13日 (水)  
北陽電機(株)の測域センサを使うためのライブラリ、中の実装が適当すぎたので、
C++ でちゃんと作り直す。

んで、完了。疲れたっす。

プログラミング、Ruby, PHP, SQL, C++ をいったりきたりしてると、
ついつい、C言語にて、
if ((mx > pos.x) and (
などと書いたりする。むぅ、SQL が混ざっとる。



タイピングソフトの背景画像を使わせて貰っているサイト、
*piece*** の管理者から利用許可についてのお返事を頂く。

利用規程に「再配布禁止」とあったので、半ばあきらめ気味だったが、
背景としてい使うんなら問題ない、とのことで配布許可を頂いた。みんないい人だ。

なので、これからはタイピングソフトの配布ページを作成するあたりかな?
がんばろう。



夜、研究室の人の家に何人かで集まって、飲み、喰い。
料理、たくさん出たし、酒、結構飲んだ。

失礼なことを言ってないか心配だ。



今日は、研究報告の時に割と煽られた。明日からはとても頑張れそうだ。
いい感じ。


2004年 10月 14日 (木)  
タイピングソフト、GNUパッケージ化する。あと、Windows と Linux では
リソースの配置方法を変更するようにした。

Windows の場合、データとか保存ファイルは、実行バイナリのディレクトリに配置し、
Linux, MacOS の場合は、<prefix>/share/nettyping/ に配置するようにした。
#ifdef __MINGW32__
を利用。

あと、軽量版のフォントセットを用意して貰った。
いやもう、なんとお礼を言ったらよいのやら。感謝!!



ネットワーク対戦の参考にすべく、百人一首の対戦の仕方について調べる。
以下、http://www.nakad.jp/karuta/karuta2.html からの引用。
15分間の暗記時間の内、最後の2分間になると合図があり、
素振りをしてもいい時間となります。
「払う」の項目で説明しますが、札を取るときは鋭く腕を振り抜き、
そのあとで柔道の受け身の要領で畳をたたきます。このときに音が出ますし、
動きも大分ありますから、暗記時間中の他の選手の集中を妨害しないため、
素振りはいつでもしていいわけではないのです。
そこで、この暗記時間の最後の2分が、素振りをしてもいい時間とされているわけです。
激しいよ、しかも柔道の受け身ときました。
時間ができたら、百人一首サークルを訪れて見たいかも。



ついに、私の Todo の項目の1つに、

「以下の Todo をまとめる」

ってのが登場した。
しっかりせな...。


2004年 10月 15日 (金)  
IEEE1394の評価基板のハンダ付けをすべく、早朝の研究室へ。
今日の朝から研究報告らしい人が、数人作業をしていた。もう 4:00 なのになぁ...。
お疲れさまです。

あと、今日は「スポーツデー」の催しの一つであるキックベース予選の日だったので、
5:30 くらいに運動広場へ出発。
が、行ってみたら中止だった。

6:00 からの試合の中止連絡が、スポデー委員の方から 5:53 に来る。
もうちょっとしっかりして欲しい。
まぁ、よかろ。

研究室に戻り、はんだ付けの続き。



夕方、親不知(おやしらず)を抜いた人が、そのときの様子を詳しく話してくれた。
麻酔注射の音が聞こえただとか、奥歯を砕くこともあるとか、血がだらだら出るとか。

怖いっす、勘弁して下さい...。



夕方、制御の勉強会に参加。
ぶっちゃけ、私が担当のロボット「ビーゴ」を倒立制御させるのが最終目的な勉強会。
なので私は特別に集中して聞かなくてはならないんだが、

「可制御」って単語を聞いてしばらくは、「火星魚」って魚が私の脳内を泳いでいて、
話しに集中できなかった。

すまん。


2004年 10月 16日 ()  
研究室の催し物であるバーベキューに参加。
竹を燃やす、サッカー、温泉、他。


2004年 10月 17日 ()  
午前中、バーベキューの後かたづけに参加。
軽トラからブロックを降ろしているときに、芝生に足下をとられて転ぶ。

手足を多少すりむいた他、取り落としたブロックに、あごを打ち付けて痛かった。
ちなみに、落としたブロックは割れていた...。

あごで割ったのか?

いやいやいや。
違うと信じたい。



んで、午後、サッカーの練習に参加。
楽しかったが、疲れた。


2004年 10月 18日 (月)  
早朝、キックベースの予選に参加。
んで昨日、ブロックを取り落としてあごをすりむいた、って話しをしたら、
「ドジッ子」呼ばわりされて悲しかった。
ちゃうねん!

ちなみに、キックベースは 14対 0 で勝った。
相手に対して感じ悪い。



宿舎売店、レジに並んでいると、私の前の人が、

「デッサンで使うんですよ〜」

などと言いながら、にこやかにリンゴを買っていた。
...私がリンゴを買う場合を想像してみよう。

「素手で握りつぶすのに使うんですよ〜」

などと言いながら、にこやかにリンゴを...、

いや、レジのおばちゃんもリアクションに困るだろうし、
そんなことをするつもりはない。
まぁ、まだ素手で割れるだけで、握りつぶせたりはしないしな。
そんな感じ。



IEEE1394基板のハンダ付けが終了したので、動作確認とドライバの作成に入る。

歯を食いしばり、頭を抱えながら作業する姿は、あまり他人に見せたくないのと、
ソフトウェア作成は集中したいので、帰宅して作業。

が、

メモリバスインターフェースな IEEE1394チップとのやりとりができず。
むぅ、アクセスタイミングを作っているはずの CPLD に問題があるっぽい。

結局、オシロスコープがないと話にならん。
自宅用のオシロスコープが欲しいかも。

続きは研究室だな。



風呂場。鏡を覗いたら、目の隈がやばい感じだった。
怖い。自分でもそう思った。

ま、前回の研究報告で煽られた件もある、今週は頑張りたい。



とりあえず、「ねっとで百人一首」の配布を開始。
利用法としては、タイピング後、覚えていない和歌を百人一首の本で確認したりとか。
私は、和歌とか好きなので、なごむ。

http://www.roboken.esys.tsukuba.ac.jp/~satofumi/netTyping

ページ内の掲示板は、作るのが面倒だったので レッツ!PHP のを利用した。


2004年 10月 19日 (火)  
自分を追い込みつつ、作業中。
ロボットを倒立制御すべく、ジャイロを制御する部分のドライバを作成する。
移動平均のあたりが変なので、デバッグ。

んで、しばらくして原因分かる。
移動平均なので、
  gyro->diff = get_adValue();
  gyro->movedAverageValue -= gyro->movedAverage[gyro->index];
  gyro->movedAverage[gyro->index] = gyro->diff;
  gyro->movedAverageValue += gyro->diff;
  gyro->index = ++(gyro->index) & (MOVED_AVERAGE_MAX -1);
とすべき箇所が、
  gyro->diff = get_adValue();
  gyro->movedAverageValue -= gyro->movedAverage[gyro->index];
  gyro->movedAverage[gyro->index] = gyro->diff;
  gyro->index = ++(gyro->index) & (MOVED_AVERAGE_MAX -1);
  gyro->movedAverageValue += gyro->diff;
となっていた。インデックスの更新タイミングが異なっとる。

理論を知ってるつもりなのと、実装ができるかどうかは異なるらしい。
些細?なことだが、
そんなミスも許されないあたり、プログラミングはつらく、そしてやり甲斐がある。

日々精進だな...。



朝になって寝て、昼に起きる。
話し合いを一つさぼっちゃったが...、やんかたなし。
つか、雨が少し降っていたので、今日はお休み。眠く、微熱があり、頭も痛い。

少しばかり、根をつめすぎたかも。
もう10代の頃とは違う。


2004年 10月 20日 (水)  
夕方頃に、もそもそと起床。
ちゃんと寝ると、「自炊しないとな〜」って気分になる。まぁ、それはまた今度。

起きはしたが、なんか外は台風らしい。
やっぱり寝て過ごす。


2004年 10月 21日 (木)  
研究室も、なんか3日ぶり。
今日は、研究室で動作させている Bugzilla の問題を ペアプログラミングにて修正。
前任者が当てた日本語パッチが、色々と悪さをしていたらしい。詳細不明。

んで、いろいろ頑張ろうかと思ったが、やっぱり体調が優れぬため、
用件のみ済ませて帰宅。

つらいっす。


2004年 10月 22日 (金)  
昼に起床。体調も割と落ち着いた感じ。
が、病み上がりで多少いらいらし、精神的に落ち着かないので研究打ち合わせを中座、
帰宅する。

あと、研究室の人に「おかしいですね」と言われたりした。
ショック!!
いや、まぁ、否定はしないんですけど...、その...、えっと、
もっとオブラートに包んだ言い方とか、表現を変えるとか...、むーーん。
すまん、うまく表現できんわ。

まぁ、よかろ。
そのうち、よい思い出になるに違いない。


2004年 10月 23日 ()  
スポーツデーをお休みし、休息。
ちゃんと食事し、寝て過ごす。

夕方起床。寝覚めはすばらしくいい感じ。
素振り時、舞い落ちてくる落ち葉を無意識のうちにたたき落とした程度に元気。
いや、ある意味 病んでる気もするが...。

まぁ、よかろ。



タイピングソフト、決まり字入力のあたりを実装し、ちゃんと動作する。
決まり字ってのは、その文字までで、和歌が一意に識別できる文字のこと。
以下の例では、「う・ら」の時点で、和歌の識別が可能ってのを示している。



制限時間のバーが、決まり字以降に出現するので、時間以内に
下の句を入力する、という風に実装した。
別にタイピング練習が目的ではないので、下の句は2文字入力した時点にて判定処理。
ランキング機能も Webページに追加した。いい感じ。



と言うわけで、未実装な機能はネットワーク対戦のあたり。
今のところ、ネットワーク対戦は「時間差型の参加」形式にするつもり。

テーマは百人一首、つまりは かるた。
従って、ゲームとしては 確定、完全情報、に分類される。
つまり、Aが遊んだデータと、B、C、Dが別の時間に遊んだデータを重ね合わせても
タイピングの完了時間を比較すれば、誰がその札を取ったかの決定は可能。

って感じ。なので、
・最初に誰かがゲームを作成し、数十問の百人一首をタイプする。
  そのデータ(句毎に、個々の文字が入力された時間)をサーバに保存し、公開。

・公開されているデータに対し、別の誰かがタイピングを行う(出題の順番、数は同じ)
  タイピング中は、前の人の入力具合を画面にリプレイ表示するとかか?

・決められた参加人数が参加、又は一定期間が終了したら、ゲームを閉じる。
  誰が何枚札を取ったかなどを、参加者に見えるように Webサーバに配置。
って感じでよさげ。
リアルタイムなネットワークゲームでなくなりそうだが...、
まぁ、よかろ。

もうちょっと考えを寝かせてから、実装する予定。


2004年 10月 24日 ()  
早朝に起床。
スポーツデー、研究室の人がバレーに参加しているので、見に行く。
とてもやる気でいい感じだった。

昼からは、研究結果(ロボットの制御ライブラリ、SH7045F への書き込みツール)を
GNU パッケージ化したりした。



さて、

気付いたら、がんばろう、と思い直してから2年たっていた。
もう、2年たったんだな...。早いものだ。

どう過ごしてきたかを、少し振り返ってみる。
こんなとき、日記をつけていると残酷だ。

.
.
.

まぁ、いろいろあった。
読んだ後、お気に入りの湯飲みにて日本酒をぐいっと煽る。

とまれ、強くなりたいものだ。


2004年 10月 25日 (月)  
強くなればよい。



朝、研究室の全体ミーティングに参加。基本的に暇なので、ノートにアイディアを
書き出していく。んで、
2004,10,25
    やるべき
       ・役割分担の再確認
       ・送受信データの決定
まで書き出し、他に何かあったかな〜、と考えていたところ、隣から手が伸びてきて、
2004,10,25
    やるべき
       ・役割分担の再確認
       ・送受信データの決定
       ・密告
と追加された。
密告ってなんだよ! 忍者じゃねぇっつーの。

その人はその後、ノートの端に「う○こ」の落書きとかもしてた。
女性に対して過度の幻想は持っていないつもりだが、
もう少し恥じらって欲しいとぞ思ふ。

まぁ、よかろ。

ミーティング後の掃除。
相方がまめまめしく働いてくれたので、あっさり終了。食事しに帰宅。



昼、布団で横になりつつ、作っている走行制御ライブラリを変更。
ロボットが指定経路から離れている場合、その経路への追従具合を曲率で
指定できるようにした。

自宅だと、だらしない格好で横になりつつ作業できるので、いい感じ。
ちゃんと動作したしな。



夕、研究上の IEEE1394 評価ボードのハンダ付けの続き。

100pin, 48pin チップを含む配線を手配線にて終わらせ、電源を入れて動作確認。
が、電源を入れても何の反応もしない。
途中、5V を 3.3V にしている三端子レギュレータが熱くなりすぎだったので、
放熱版を取り付けたりしながら、作業を継続。

ちなみに、基板はこんな感じ。



んで、しばらく作業して原因わかる。

----- その1,短絡 -----
100pin チップの変換基板の背面に引き回した 3.3V 系と、GND が、
変換基板の背面のベタの部分を経由して短絡していた。
泣きそう。



三端子レギュレータが熱くなりすぎだった原因、わかる。


----- その2,勘違い -----
大抵の場合、基板作成の失敗ってのは、ハンダ付けが下手か、何かの勘違いのせい。
バスの ID を逆に配線したり、ピンへの配線が 1本ずれてたりとかが、勘違いの例。

とりあえず、基板の表面の図。緑の線のあたりに注意。
この基板は、昔何かに使われていた基板の再利用なので、関係ないピンソケット
(黒じゃない方)が存在しているのが分かる。



んで、その部分の裏面を以下に拡大。



最初に気付いたとき、過ちを認めたくないのか、いやいやいや、と思いながら、
しきりに基板をひっくり返しつつ、眺める。

...んで、現実を認めてもだえる。



フォォーーー!

        フォォーーーー!




その場に崩れ落ちそうになるのを、「強くなれ」と自分に言い聞かせてこらえる。
んで、こらえつつ被害状況の確認。
32 + 8 の配線(データバス、アドレスバス)を取り外して〜、
あ、あと配線を取った後に、ハンダを取り除く必要があって〜、
それから 32 + 8、つまり 80 箇所のハンダをやり直しか〜〜。

めんどい!


バスの配線ミスと、一応短絡してしまっている(こっちは大丈夫そうだが)ので、
基板を作り直すことにする。
って書くと、すぐに立ち直って作り直す決心をしたみたいだが、その過程は
あはは〜、作り直しか〜〜。
  部品足りないし、明日はア・キ・バ♪ かな〜? うひょー!
って感じだった。お察し下さい。



まぁ、怒ったりしなかったし、ふてくされなかった。
事後策も一応考えた。
ある意味強くなった、のか?

まぁ、よかろ。
強くなればよい。


2004年 10月 26日 (火)  
起床。今日は、秋葉原に買い物に行く日。
が、昼までに出すべきメールがあったので、研究室に立ち寄った後、秋葉原へ。

研究室では、研究室の人の誕生日用にケーキを焼いてきた人がいた。
私も食べたかった。無念だった。



あと、明日は研究室の発表会の原稿締切なので、バスの中にて
「今回は何を書くか」について考えたりとか。

んでアキバで買い物。
秋月の USB-シリアル変換器を買ったり、サンハヤトの IEEE1394変換基板を買ったり、
オヤイデ電商にて、ジュンフロンの多芯なラッピング用ケーブルを買ったりした。

ちなみに、「オヤイデ」であって、「ヤオイデ」ではない。

「秋葉原のヤオイデで買い物してきた」

などと言うと、多分誤解を招くので注意。



夜、明日の原稿締切に向け、執筆作業。
あまりはかどらず、「物事は、思い通りにはいかないものだ」と思った。


2004年 10月 27日 (水)  
朝、今日締め切りの原稿を書き中。
疲れてきたらしく、「模索する」と入力した際に、

「はぁ〜〜、えっこらせっと」

と言いながら、畑を耕している「もさく」さんを脳内に思い描く私。
いや、しっかりしろ。



んで、研究室。
今日は、午後から私の研究を指導してくれてる先生が来てくれる予定なので、
基板のはんだ付けを行う。ちなみに一昨日壊したので、ゼロからやり直し。

あと、0.5[mm] ピッチのハンダ付けをしている最中の地震は勘弁して欲しい。






夕方、先生来たる。ハンダ付けはまだ終わっていない。
くぅ、わざわざ来て頂いたのに、ショックだ。

一応、一昨日に基板の動作確認をして、短絡、配線ミスしてました〜、と言い訳する。
自分がおろかしいことを、わざわざ説明しているようで、恥ずかしく、
そして悔しかった。



研究打ち合わせの後、研究室の人に「ねっとで百人一首」で遊んで貰ったりした。
自分のソフトウェアについて、コメントを貰いながら遊んで貰うのは、
至極、いい感じだ。


2004年 10月 28日 (木)  
昨日が締め切りの原稿書きと、今日に私が発表する勉強会の準備をするはずが、
ねちゃってて、「やべっ」って思いながら起床。

締め切りの過ぎた原稿作成はさておき、数時間後からの勉強会の発表準備を行う。
つか、興味のない分野の専門書を読むことの、なんと苦痛なことか。
発表用のスライドを作りつつ、

「しょうごう」と入力してを変換したつもりが、読み直したら
「ショウガ王」になっていた。
無駄に文章を示すと、こんな感じ。

「ショウガ王の制約を満足するならば、...」

どんな制約だよ...、でもなんか格好いいかも。
などと考えながら、(あぁ、疲れてるなぁ...)と思った。



昼過ぎの研究室へ。
肝心の勉強会、参加者は通常で4人。んで、1人来なかったのを理由に中止。
一気に気合い抜ける。

あと夕方、別研究グループの勉強会に参加。テーマはプログラミング。
C-MOS のあたりから、OR演算機、MIPS での実例を交えつつ、プログラムの動作原理
について説明していた。1時間くらいで。

むぅ、既に理解している人には よい復習になるかもしれないが、
計算機アーキテクチャを知らない人には、割とつらいかも。

途中、プログラムのループ実装を、MIPSのコードで示していたあたり、

(2命令も無駄だな〜)

と思ったが、そのときは黙ってた。
が、結局最後に指摘する。

「このループ汚い」という言葉で指摘したせいか、講師が多少ふてくされていた。
プライド上 指摘されたくなかったり、指摘した言葉が汚かったのは認めるが、

だめなものは、だめ。

プログラマなら、そのあたりは割り切って欲しいと思った。
まぁ、別によいが。


2004年 10月 29日 (金)  
昨日までは割と頑張っていたので、今日は昼までぐっすり。
起床し、走行制御ライブラリの指定した経路へ指定した曲率で追従するあたりを修正。



研究室。IEEE1394基板のハンダ付けの続き行う。
途中、研究打ち合わせがあったので参加。寝ぼけつつ聞いていて、

「わかりにくいキーワードについて、原稿の最初に『ずつき』で説明しました」

との発言に対し、

(あ〜、「頭突き」か〜)と思った。

こんな感じか?



      頭突きで説明する、の図

えらいシュールな絵だな...。
まぁ、数秒以内に、「『図付き』で説明した」 と認識し直した。

今日は、そんな感じだった。


2004年 10月 30日 ()  
早朝。IEEE1394基板のハンダ付けが完了する。



何度もハンダ付けしてたせいか、配線の引き回しが割と上達した。
下に示すのは、私が一番最初に作成した IEEE1394基板。



ケーブルを1色しか用いてないあたり、病んでいるとしか思えない。
が、この基板はちゃんと動作したから、世の中は不思議だ。

んで、今回作った方の基板に電源を入れ、SH7045越しに IEEE1394チップの
バージョンを読み込ませたら、正常に動作した。


よしっ!


うれしくて、深夜で誰もいないのをいいことに、スキップで研究室を一周し、
その後で逆立ちをしたりとか。

...いい年なんだから、もう少し落ち着け、私。


今後はドライバの作成に入るわけだが、とかく、ちゃんと動いていい感じだった。



あと、帰る前に「ねっとで百人一首」を SourceForge にプロジェクト申請し、
パッケージも配置してから一旦帰宅。

おやすみなさい...。



昼、WORDの面々と連れだち、まぐろの食い放題に参加。
おいしかったが、量が多すぎて苦痛だった。

あと、帰りに「ジョイフル本田」に寄ってもらい、素振り用の木材を購入。
今使っている丸材だと、なんとなく軽くて物足りなくなったため。

WORD部屋に戻ってから、握りの部分を削り落として丸くした。


あと、Bllizard の「Diablo II」をやってみる。
いずれ作るローグライクの参考資料として。

自分中心の画面表示において、移動しつつ敵をクリックしづらい以外は、
特に違和感なし。複数人でやると面白いのだろう。
これがネットワーク越しで動作するっていうのが、信じられない。

自分で作ろうとする必要あるのか...?


2004年 10月 31日 ()  
休日、寝てた。
あと、「ねっとで百人一首」の結果表示 PHPページを修正してた。

だるだる〜〜。


本人へのコメント送信



Main Page