Main Page

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 19

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 20


2004年 2月 1日 ()  
学校の PC、BIOS をアップデートしたら、起動しなくなって困る。む〜〜〜。
まぁ、リカバーできてよかった。

Linux のメッセンジャーの gaim を入れる。いい感じ。


2004年 2月 2日 (月)  
研究室、昨日はポットのお湯でお茶を飲みまくり、ポットを空にした記憶がある。
が、今日きたらポットにお湯がいっぱいだった。

お湯を入れて帰ったと思われる人に、感謝したところ、お湯は入れてないといわれた。
じゃぁ誰? 俺、か? 記憶にないんだけど...。
ちょっと恐くなった。

つか、その人、1月にアキバで都合した部品代を払いたいと言ってきた。
もう2月なのに覚えているとは律義な人だ。
ただ、今までその話題がなかったのは、私が話しにくい雰囲気だからだろうか、
とか思った。むーーん。私、顔 恐いしなぁ...。

風邪っぽいので帰宅


2004年 2月 3日 (火)  
WC3 でラダー(外)に行って戦う。
私に WC3 を教えてくれている人が後ろで見ていたが、ゲームのロード中に

「なんか自分の息子が戦いにいくような気持ちだ」

って感じのコメントをしてたのが印象的だった。
負けたが、リプレイを見直して色々とコメントを頂く。

んで、とりあえず 「War Craft III 友の会」が結成された。
最初の目標は LV10 になること。頑張りましょう。


WORD部屋の会話。

A: 「ねぇ、マージソートを知らない人がいるんだよ」
B: 「それはマージですか」
*: 「......」

...言ったのは俺じゃない! が、あと2秒遅かったら私が発言してるとこだった。
危なかった。


2004年 2月 4日 (水)  
昨日は寝不足でつらかったが、寝たら元気でた。
つか、元気になったら昨日の晩に、研究でほぼ同じことをやっている人が

「元気がないのは、私(の研究)がうまくいったからですか?」

っていう発言が気になってきた。はぁん?
まぁ、よかろ。

昼、廊下で側方転回をして際に右ももを痛めた模様。
若くないんだなぁ、と思った。

夕方、WORDの人々で連れだって「RanRan」へ。
店の駐車場がいっぱいだったので、近場の適当な駐車場へ。

「ここは停めてもいい駐車場?」と聞いたら、

「ここは、心の広い駐車場ですから」との返事が返ってきた。
心の広い駐車場...、いい言葉だと思った。

「RanRan」からの帰り、コンビニで和菓子(もなか)を買う。
レジに持っていくとき、自分の頭の中で

「もなかありますか?」
「もーなか」

とかいうやり取りが頭をよぎったりした。レジで実現できなかったのが残念だった。


2004年 2月 5日 (木)  
2:00くらい、研究室でのプログラミングを終えて WORD部屋に遊びに行く。
PC の前に着席して早々、WC3 が開始されたのは我ながらどうかと思った。
つーか、相手強ぇ。ヒーローと回復ユニットのみ、という縛りで私と戦ってる
はずなのに、今日も負けた。むぅ。

その後、プログラムの実装やプロジェクトの進め方で Sugi氏と議論。
見方を変えれば、愚痴っていたとも見えなくはないが...。まぁ、それはいい。
んでその最中、相手がむっとする物言いをしたので、

「あ〜、今ちょっとムカっときました」

と言うつもりで、

「あ〜、今ちょっとムラっときました」

と発言してまう。
...言ってから、なんかおかしいな〜、とか思ったのが記憶にあたらしい。
たった1文字でかなり違うものだ。日本語って不思議だね。
あと、俺にそんな趣味はねぇ。
どうやら疲れてたらしいので、帰って寝た。


んで起きて昼、WORD部屋にて

「『だめ人間友の会』の会合はやらないんですか?」

と聞かれる。この辺り参照

「あれ開催すると、昼に起床しなきゃいけないから今年はやらないことにした」

と言ったら、

「それこそだめ人間だ!」

との突っ込みを頂く。なんか、誉められた気分になった。
とりあえず、来週から再開の予定。


2004年 2月 6日 (金)  
昼に起床。「眠てなくて辛い」 -> 「ちゃんと寝て元気」 -> 「寝てなくて辛い」
を繰り返している気がした。ちゃんと寝よう。

研究室でシンポジウムが3月にある。
シンポ後の懇親会、嫌いなやつがいるので欠席するつもりだったが、(前回は休んだ)
今回は出席しようかと思う。懇親会までは公私の公とみなすことにしたのと、
「欠席」を表明したら研究室の幹事の1人から無言のプレッシャーを受けたから。
私、「心配そうな顔をする人」には勝てません。

それはそうと、わがままは少しずつ直していこうとも思った。


2004年 2月 7日 ()  
卒業した学類の OB 組織、「心青会」の話し合いがあったので参加。
私は 21期生になる。つまり、単純に 20歳くらい年上の人がいる中での話し合い。
多少緊張したり、話し合いの内容がちょっと知っている範囲を超えていたりとか。
...せめて、同窓会では人手としてお役に立ちたいと思った。

話し合い後に「ステーキ宮」へ。
こま切れでない固まりの肉を食べたのは久しぶりな気がした。
牛肉っていうのが特に久しぶりだ。
食事中、社会で活躍中の先輩方から色々とためになる話を聞かせて頂く。

私も、あと数年たったら、そういう視点で物事を見るようになってるかなぁ?
と思った。そうなるように頑張りたい。


2004年 2月 8日 ()  
休みなので寝て過ごす。
と、携帯の呼び出しで目を覚まし、

「おはようございます」

と言いながら電話に出る。時計を見たら 15:30 だったが...。
電話の内容としては、研究室の人が秋葉原の「秋月」にいるらしく、
「何か買うものはありませんか?」との申し出だった。わざわざ電話してくれるとは
いい人だ。ちょっと感動した。
んで、基盤対基盤のピンを買ってくれるようにお願いし、ついでに調子に乗って

「ところで Blizzard社のゲーム、War Craft III とか頼めます?」

とか聞いてみる。が、それは手に負えないとのこと。ま、そりゃそうだ。
とりあえず、感謝しながらまた寝た。

んで、16:30 頃、また携帯が鳴ったので出ると、WORD の Sugi氏からで、

「今、アキバなんだけど、War Craft III 買っとこうか?」

との申し出だった。一瞬、「テレパシー?」とか思った。
あぁ、みんないい人だ...。

今日は、ちゃんと寝たり、買い物をしてもらったりと、幸せな感じでした。
「War Craft III」も買ってきてもらったしな!


2004年 2月 9日 (月)  
研究室、昨日頼んだ基盤対基盤のピンを売ってもらう。
2本必要だったが、「1本100円ですけど、3本買うと 200円でお得ですよ」
と言われ、3本買う。
一瞬、商売上手だなぁ〜、と思ったが、
「本当に商売上手なら、2本を 200円で売るよな〜」と思い直す。
申し出に感謝しつつ購買。

眠くなってきたので、昼に帰宅して睡眠。

「だるいなら、寝ればよいではありませんか」

を実践したと言える。集中できる時間を作るという意味では効果的だと思われる。
こんな生活ができるのは、学生ならではだが。

夕方、再び研究室。
研究室にいた最後の1人が帰宅したとき、

「あぁ、これで気兼ねなく逆立ちとかできるな...」

と思ったが、直後、そんな考えをしたことに対して激しく罪悪感を覚える。
どないやねん! とか思った。


2004年 2月 10日 (火)  
早朝(夜)、研究室の部品管理 WebDB php アプリに機能追加を行う。
更新されてない情報を強調表示したり、過去に登録した情報も変更する機能を
追加した程度。
これでもって、一通りの機能は実装し終わったつもり。
午前 1:00 くらいから始めて、午前 5:00 くらいに実装とテストを完了する。

んで、朝になるまで、「War Craft III」 で遊び、明るくなってから帰宅。
夜道の一人歩きは、なんとなく怖いので...。

帰りながら、

「今帰って寝たら、お昼の『だめ人間友の会』には出られないよなぁ...」

とか考えたりした。つか、寝て起きたら 15時過ぎだった。まぁ、今週も開催されず。
結果、この日記へのコメントで、
  > だめ人間友の会は結局今週もありませんでしたね。
とか言うコメントを頂いたのが、ちょっと屈辱だったかも?
来週こそは!


2004年 2月 11日 (水)  
適当に起きて研究室。卒論とか修論の発表が近いせいか、いつもより人が多かった。
んで、作業。分担して作業をやっている人が、
「明日は打ち合わせなんですよ」とか言っていたので、

「忙しいなら、今度でもいいですよ」

とか言ったら、

「今日やると決めたことは、今日やるんです!」

と半ば怒られつつ言われた。すげ〜〜、とか思った。ちょっと尊敬。
つか、ぐりぐりと傷口をえぐられるような言葉だった。日頃の生活態度を反省。


研究室の電動ポット、ボタンを押すとお湯が出るはずなんだが、出が悪い。
なにかが詰まっているような感じ。そこで、流し場でポットに半分ほど水を入れ、日々
逆立ちで鍛えた力をもってして、ジャカジャカと振る。

「オラ、オラ、オラ! これでもか、これでもか!!」

んで、「よくなったかな〜」と思いつつポットをコンセントに
つなぎ、ボタンを押してみる。

「......(無反応)」

「...あれ?」

よくみると、沸騰中、保温、のランプすら光っていなかった。
ボタン部分を覆っているシールをはがしてみると、はがしたシールの裏側に
水滴がついていた。多分、なにかのはずみで、基盤部分が浸水した模様。

...やばいんじゃねぇ?

とりあえず、しばらくたったら水滴が乾いたせいか、出湯ランプはつくようになった。
いい感じ、か?


2004年 2月 12日 (木)  
研究打ち合わせ、紅一点な人が作ってきてくれたケーキがおいしかった。
WC3、BattleNet でもって2連敗。すげーへこむ。
深夜、サンマを大根下ろしで頂く。日本人に生まれてよかったと思った。


2004年 2月 13日 (金)  
夜、研究室で抱え込んだ作業をこなそうとして、深夜の研究室へ。
来年度に用いる Linux OS でリストにあるアプリケーションが動作するかの
チェック表を埋めていく作業。

「動作すべきエディタ」の項をチェックしていく最中、
Emacs, Xemacs, とチェックしていき、jed の項目で手が止まる。
Plamo Linux 3.3、jed が入ってない...。

jed、単にソースから構築したものでは、日本語の扱いに難があるのを確認。
Debian の stable パッケージあたりから持ってくればいいと思うが、とりあえず保留。

「jed の代わりに ng があるってことでダメかなぁ...?」

とか思ったりした。つか、Emacs が入っていれば jed は必要ないんじゃないのか?
よく、「jed の方が Emacs より軽い」と言われる。うん、それはよく分かる。しかし、
そう言う人の中に、WM に KDE を使っている人がいるのが理解できない。
「jed に慣れてて好きだから」って言ってもらえばそれで納得できるんだが...。

すこし悶々としてきたので、2時間くらい頑張ってから中断する。
やってらんね〜。


深夜、「War Craft III」、3回戦って、1回観戦する。正直、3回目に戦ったときは、
思考回路が就寝していた模様。だめだめ過ぎて、おしかりを受ける。
もっともだ。がんばろう。

私に 「War Craft III」を教えてくれている人達、すげー親切で、
いろいろと教えてくれる。上手になる楽しみを実感できていいんだが、
時間をかければかけるほど、研究やプログラミングに割ける時間が減っていく気がして
「うぐぅ」って感じ。一人葛藤してたりとか。

「なにもかもを、すべて全力」って訳にはいかない。
時間は有限であり、割ける労力も無限ではない。


2004年 2月 14日 ()  
体調不良、寝てた。
起きていた時間は 6時間くらいかな?


2004年 2月 15日 ()  
サーバ・クライアントなプログラムを作成してた。
プログラミング、実装した関数とかがちゃんと動くと楽しい。いい感じだな。
「War craft III」やってるとき以上にドキドキしてるかもしれない。

研究室、明日に卒論発表を控えた人がなんか頑張っていた。うん、いい感じ。

WORD部屋、明日に卒論発表を控えた人が

「いやぁ〜、なんか現実逃避したいんですよ〜」

とか言いながら 「Diablo II」をやっていた。いろんな意味で「すげ〜」と思った。
いい漢っぷりを見せて頂いた。


WORD部屋、「食事に行かない?」との問いに、
「アジ、サバ あたりを帰りがけに買って帰りますから...」
などと答え、冗談のつもりで、
「ついでで良かったら、買ってきて貰えます?」
とか言ったら、しばらくして本当に買ってきやがった。
PC の前に、袋に入ったサンマがどんと置かれたので、

「いやがらせですか?」

と聞いたら、

「うん」

と返された。
WORD部屋、ちょっとしたやり取りに対して、少しも気を抜けないこの緊迫感がすき。
いや まぁ、買い取らせて頂いた。感謝。


2004年 2月 16日 (月)  
朝、昨日に買ってきてもらったサンマを、塩焼きの刑に処す。
大根おろしてでおいしく頂く。いい感じ。私、和食が食べられれば割と幸せ。

が、お腹がいい感じに腹痛で大当たりになる。
半生の魚の臓物を食べてはいけないらしい。研究室のミーティングを欠席。

昼過ぎ、学校で WORD部屋。なにかの弾みに
「『北へ』の曲を聞くと、○○さん(私のこと)のことを思い出すよ〜」とか言われる。
「なんでですか?」と聞いたところ、

「鍛え〜いこう、ランララン♪」

とのことらしい。うーーーん。面白い。
いや、本当はそんな歌じゃないんだけどね...。

今日締め切りのプログラミング課題がちゃんと終わったせいか、
研究熱が盛り上がってきた。約3ヶ月ぶり。
うん、がんばりましょう。

明日は「だめ人間友の会」があるので、早めに寝た。


2004年 2月 17日 (火)  
研究室に行く前に、「スーパー丸茂」にてサバとかを買う。至極、いい感じ。

だめ人間友の会
「だめ人間どもの会」に名称変更を行う。こっちの方がイイ

夕食、サバを三枚におろし、半身を味噌煮にする。
ちょっと煮込みすぎたのと、味が薄かった以外は美味。いい感じ。
マジ、日本人でよかったと思う。

が、食後になんとなく胃もたれ。
気分悪かった。

夜、研究室で、研究室の人(私以外)が逆立ちしようとしたのを見る。
客観的な立場でそういう現場を見たときに、なんとなく、

「なるほど...」

と思う。
客観的に自分を見つめ直す能力は大事かもしれない、と心底思った。


2004年 2月 18日 (水)  
研究室の冷蔵庫、アジが入っているのを見つける。
私のサバやサンマに対抗したのだろうか。
普段、自分がやっていることを客観的にせられると、...なんか、こう、微妙な感じ。
研究室の冷蔵庫に生活臭が漂う今日この頃。

今日は研究室に来年度くる新人との顔合わせ飲みがあった。が、
最近は胃腸の調子が悪いので休む。俺ももう若くないのかもしれん...。

あと、襟のある服を着て研究室に行ったら、

「え、今日なんかあったんですか?」

とか割としつこく言われる。
いつもジャージだからといって、その物言いはひどいと思いました。


2004年 2月 19日 (木)  
研究室で利用している、とある pukiwiki のページ、
文中の ! が ハートになってた。えっと、具体的に原文で示すと、
2月24日くらいまでに、できたものを埋めてください!~
足りない項目があったら、どんどん足してください!~
だったのが、
2月24日くらいまでに、できたものを埋めてください&heart;~
足りない項目があったら、どんどん足してください&heart;~
になってた。&heart; の部分は、pukiwiki 上だとハートマークの図になる。
しかも、変更箇所はそれだけ。誰やねん、そんな変更したのは!
どうかと思った。


研究室の机の上に、
「
   賞味きげん checkして
   たべて下さい
            ○○(人の名前)
                                      」
と書いた紙と和菓子がたくさんあった。感謝して頂きつつ、紙の余白に
「
   つまり、食べてみて、問題なかったら
   O.K. つーことですな、
              △△(私の名前)
                                       」
と書いておいたら、いつのまにか
「
    きっとそうです	○○
                                       」
と書いてあった。イイ!

彼(○○)も、わかってきたらしい。
同類が一人増えた。


2004年 2月 20日 (金)  
昨日の売店の特売で安かった豚肉(なんとバラ肉!)、ほうれん草、コーン入りの
焼きそばを作る。

いー感じだ〜〜

と思いつつ作っていたが、最後の最後にソースを切らしていたことに気づいてへこむ。
ソースなしの塩こしょう焼きそばを頂いた。


研究室の pukiWiki のページ、さらに改良が加わっており、
足りない項目があったら、どんどん た・し・て・&heart;~
って感じになっていた。
正直気持ち悪い。せめて数少ない女性の手による変更だと信じたい。
だとしたら問題ないので、そういうことにしておく。

あと、誰も使わなさそうなアプリケーション名の一覧がチェック項目に追加されてた。
やる気しねぇ...。


2004年 2月 21日 ()  
ごりごりとネットワークプログラミング。
あと、ソースなし焼きそばを、再び頂く。

夕方から WORD部屋。
「War Craft III」の BattleNet で対戦し、対Undead で負ける。
中盤までは押してたつもりだが、決戦するタイミングを逃した。
その後、こっちの軍隊に対応した相手に押し切られて敗北。

WC3 に限らず、私は引いたり、あきらめたりするのが早すぎるのではないだろうか...。
いったん逃げて助かったような気がしても、最終的には負けるかもよ? なんてな〜。

あと、26日は原稿が締切で大変なことになるのではないだろうか、と思った。


2004年 2月 22日 ()  
昼間、自宅でごろごろ。

夜半過ぎから暴風雨。わくわくして夜も眠れず。
私は、台風とか大風とか大好き。


2004年 2月 23日 (月)  
昼、学生宿舎の入居書類を取りにいく。

出てきた事務の人に部屋番号を聞かれたとき、違う部屋番号を答えてしまい、
事務の爺さんから

「自分の部屋番号くらい覚えておきなさい」

とお説教を食らう。
まったくだ。


かわち、インスタント焼きそばと、ビタミン剤などを買う。
これで研究室の食生活はばっちり。

んで、生活品の売場を見ていて、荒砥と中砥が一緒になったいる砥石をみつけ、
しばし立ちつくす。すげー欲しい。

研究室にて、卒業する人のプレゼントに何を送ろうか、って話で盛り上がっていたのを
思い出し、「この砥石プレゼントしてくれたら大喜びなんだが」などと思った。

卒業祝いに砥石を送る研究室...。なかなかにシュール♪
が、客観的に考えると、なし! 個人的にはあり!


2004年 2月 24日 (火)  
研究室のシンポジウム会場に、宿泊人数変更の電話を入れる。
以前に「これで確定です」と言って人数を申請したが、急な宿泊が入ったため。

「宿泊人数の変更をお願いしたいのですが」とか言ったら、

「...確定とは、それ以後変更しないことを言うんですよ?」との
返答を頂く。板挟みになってて (なんか俺、中間管理職っぽいなぁ) とか思った。
ま、よかろ。

昼過ぎ、頭がぼーっとするので帰宅。昨日の夜の寒さのせいっぽい。

自宅、頭痛気味で気分悪く、いろいろむかついていたが、
月餅食べたら、なんかなごんだ気分になった。

梅がいい感じに咲いていた。


2004年 2月 25日 (水)  
だるい、寝てた。
つか、気分悪い。


2004年 2月 26日 (木)  
「つかぬことをお伺いしますが、シンポの原稿締め切りはいつでしたっけ?」

深夜、研究室にかけた電話の第一声がこれ。
研究室内のシンポジウムへの原稿締切を忘れたので...。
電話に出た相手に対して、なぜか自然に敬語になっている私。
む〜ん。
つか、まだ書き始めてない。

んで、電話の相手、

「26日の深夜が締め切りなので、27日の午前中まで大丈夫だと思います」

と返してくる。感謝して電話を切ったが、電話を切った後になって締め切り破るのを
前提に話が進んでるのをどうかと思った。相手、よくわかってらっしゃる。
「本当に...、本当に、いい研究室だ...」と思った。


学生控え室のテレビ、水着のお姉さん達に向かってカメラマンが言ったセリフ、

「半身で構えてみて」

に対して自然にこんなポーズを取る私。



我ながら、どうかと思った。
ちなみに、お姉さん達は無難にポーズを取っていた。


2004年 2月 27日 (金)  
夕方、忘れ物を取りに研究室から宿舎までを自転車で移動。
その途中の坂道にて、蛇行して柵にぶつかり 舌をぺろっと出す自転車の女性を見た。
荷物が重かった模様。

無駄に図示すると、こんな感じ。



失敗したときに笑うのは日本人に特有の特徴だ。とかいう知識はどうでもいいとして、
なんつーか、おぉ〜、すげ〜〜 と思った。
今日はいいものを見て目が肥えた気がした。
世の中、まだまだ捨てたものではない。


研究室、戻ってきてシンポジウム予稿集の製本作業。
この研究室は、原稿を提出した次の日にみんなで製本を行う。徹夜明けの人も多い。

んで、その作業中、なにかの弾みで「やさしすぎますよ!」と言われたので、

「俺は研究室では善人ぶりたいんだよ!」と返す。
ちょっと違うんだが...、まぁ、よかろ。

つか、言ったら元も子もないんじゃぁ...。

ことの発端になった別の人が、「怖いです」とか言って少し怯えていた。
しかし、書いてみると訳分からんなぁ、と思った。

夜、体中がこっていて、横になるのもつらかった。

え〜と、この日記はまったくもってノンフィクションです。


2004年 2月 28日 ()  
21:30 くらい、宿舎風呂に行く。が、券売機の前に

「本日の営業は終了しました」

との見知らぬプレートが掛かっていた。
...土曜日は、21:00 までらしい。

ちなみに、私は宿舎に入って3年目。
おかしいなぁ。

部屋に戻ったが、敗北感でいっぱいだった。


2004年 2月 29日 ()  
強くなりたい、と思った。


本人へのコメント送信



Main Page