Main Page

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 19

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 20


2004年 6月 1日 (火)  
朝のまどろみの中、キューン、って感じのモータ音が聞こえた気がする。
が、寝ぼけながら耳を澄ましてみたが、何も聞こえない。

...んで、再び寝ようとしてて、ことの真相に気付く。

キューンって音は、おれの鼻息の音だよ...

そういえば、ちょっと風邪気味だし、昨日はモータの回転実験をしてた。
いろんな意味で病んでるなぁ、と思った。


昼過ぎから研究室に行ったが、今日はだるかった。
疲れているらしい。
Java CommunicationsAPI の Linux版、rxtx をインストールしようとして
うまくいかなかったり、階段を登るときにちょっと段を踏み外したりとか。

段を踏み外したとき、つい「あたたたた!」などという奇声が出たが、
その声で廊下を歩いていた研究室の人に笑われる。
笑われたとき、恥ずかしかったせいか

「いや、別に足を踏み外した訳ではありませんよ!」

などと、わざわざ解説ちっくな言い訳をする私。だめじゃん。
あと、後ろを歩いていた見知らぬ人が、私の奇声にびびっていたとのこと。すまん。

今日は、疲れているせいか だめだめだった。


2004年 6月 2日 (水)  
研究室、定例の話し合いがあったので、一応参加。
んで、今日は休むことにして昼過ぎに帰宅。
女性の素敵な笑顔を見てどきどきしたりした。

帰宅後、布団に潜り込んで寝る。

起きたら夕方。
うなされたらしく、汗をかいていた。
目を覚ますと、大抵嫌な夢を見ていた気がするのは被害妄想か?
まぁ、よかろ。

晩飯にはちょっと早い時間だったので、軽くジョギング。
いい感じ。

寝る前に、明日の勉強会の資料を作ったりした。
おしまい。

...書いてて、今日のは日記っぽい。と思った。


2004年 6月 3日 (木)  
夕方、午睡。
Java のシリアルポートにおそわれる夢を見る。よくわからんが、なんかそんな感じ。
私、いろいろ思いこみが激しい方なのかもしれません。

最近は、いろんなことから逃げているのかもしれない。などと思った。


2004年 6月 4日 (金)  
廊下であぐらをかいて移動ロボットのプログラムを修正しながら実験してたら、

「なんか、収まってますね」

と言われた。こんな感じ。↓


(大学の廊下にて)

うーん、おさまっていたらしい。
反省すべきかどうか...。


んで、昼に帰宅。数時間後に起床して、とあるプロジェクトの打ち合わせ。
論文を2つ書くことが正式に決まる。

深夜、打ち合わせ後、たき火をしているらしいので参加。
割と飲む。

酔っぱらって関節技を極めてしまったらしく、女の人に

「助けて、お母さ〜〜ん」

と言われた。
そういや、「助けてパパ〜」ってバージョンも聞いた。
今更ながら、割と反省。ごめんなさい...。


2004年 6月 5日 ()  
たき火から帰ってきて寝る。頭痛い。

朝、起床して床屋。髪を短くしてもらう。後は休日らしく2度寝をしたりとか。


夜、走行制御プログラムの Java 環境をどうにかすべく作業。
プログラミングでもなんでもそうだが、物事に集中しているときは、
なんか充実している気がする。いい感じ。

今日は、賞味期限が3日まえの鶏肉を食べても、問題なかった。
いい感じ。


2004年 6月 6日 ()  
前日に充実しすぎたせいで、今日は一日中寝て過ごす。
夕方あたりに起床する。

テレビのコマーシャルで、映画「スターシップトゥルーパーズ」
2の宣伝をしていた。ちょっと興味あるかも。
スタクラ・プレーヤーとしては、見ておくべきなのだろうか。などと思った。


2004年 6月 7日 (月)  
シミュレータ上で Java実装による走行制御プログラムが動作した。
後は、TCP/IP 通信の部分をシリアル通信に置き換えれば実機でも動作するはず。
ほっと一息。
ただ、火曜の夜までに論文2つを書くことになっているので、ちょっとドキドキだ...。
まぁ、よかろ。


朝、雨がすごかった。ちなみに月曜日は朝から研究室ミーティングの日。

「雨なのでミーティングを休みます」

と2、3回つぶやいてみたが、
結局登校した。まぁ、博士課程として学生の見本にならないといけないしな!

昼、眠いので帰宅。

Java 言語、String() は、byte[] の便利版、という訳にはいかないらしい。
ascii キャラクタの -24, 1 って2文字が -3 の1文字に変換されていた。
まぁ、原因が分かればいいか。
通信まわりにて String() で扱っていた箇所を、byte[] で扱うように変更した。


夜。ルートのパスワードを変更して、わからなくなる。

やべぇ

ちょっと慌てていたらしく、近くの人に「落ち着いて下さい」と言われたりした。

結局、Plamo のインストール CD でもって、boot, /dev/hdaX をマウントして

# cp /mnt/etc/shadow- /mnt/etc/shadow

でもって解決。ふぅって感じ。
2回パスワードを入力するときは、
ちょっと間をおき、キーボードから手を離してからの方がいいかもしれない。


2004年 6月 8日 (火)  
Java での走行制御プログラム、ちゃんと動作していい感じ

動いたのは、全走行コマンドの一部なので、あとは残りのコマンドを移植したら
一応おしまいの予定。あぁ、実機での動作確認は必須だがな!

昼食、梅干しを乗せたご飯、豆腐とネギのみそ汁。
いい感じ。
賞味期限が近いせいで、豆腐が大量に入っているが気にしない。
まぁ、仕方がないな...

つか、夜の打ち合わせまでに論文を2つ書く予定。
頑張りましょう。

寝る前に
「アロマビオティック和のレシピ」
っていう料理の本を読みながら、寝ぼけた頭で

「まほろまてぃっく?」

などと思った。


2004年 6月 9日 (水)  
朝も早から研究室。今日は論文を2つ仕上げる予定。
つか、昨日はちゃんとねたのですっきり。

ずーっと論文を書いてた。


2004年 6月 10日 (木)  
論文書き中。時間的にも精神的にも、いろいろやばい状態。
どの程度やばいかは、書いている自分の文章(誇大広告)に対して、

「うそくせーーー!!」

と声を出して突っ込みを入れる程度。
落ち着け...。
著者自身が否定する論文なんかでよいのだろうか...、ってあたりには触れないでおく。
まぁ、そんな感じ

夜、疲労の限界が近づいてくる。
仕方がないので、壁紙をだめだめにして元気を出そうとする私。
見られたら終わり、という緊張感が私を眠らせないことを期待。


参考論文をあさっていた折、斬新な書き方の論文があって、つい声に出して

「なにーーー!」

と叫ぶ。精神が疲労していたせいで、行動に抑制フィルターが掛からなかったもよう。
付近の人に笑われる。
つか、留学生の人に、片言の日本語で、

「モウ、イッカイ」

などと催促された。いや、見せ物じゃないんですよ...。マジで。


2004年 6月 11日 (金)  
研究室、久しぶりにご飯を炊き、食べる。
それはそうと、研究室に寝袋を持ってきていた人が、
ソファーで寝袋を体にかけて寝ていた。

「寝袋的な使い方はしてないから大丈夫っすよ〜〜」

と言っていたのが印象的だった。


2004年 6月 12日 ()  
今日は、大学の同窓会の幹事会があるので、東京へ。
東京に行くまでの電車の中でのこと、目の前に立ったおばあさんに対して

「どうぞ座って下さい」

と言ったお嬢さんがいた。なんか、素敵だった。
私もかくありたし、と思う。

それはそれと、乗り換えで並んだ前の2人がバカップルでどうしようかと思った。
微妙。

んで浅草駅、旧友と偶然会って話す。
世間は案外狭いかも。などと思った。
元気そうでなによりだった。


夜。幹事会での会合のあと帰宅、とある飲み会に参加。
今回は

「もう、お嫁に行けない...」

と言わしめた。
これだけ書くと、普通に犯罪者っぽいから不思議だ。
ごめんなさい。
...私はお酒を飲んではいけない部類の人なのだろうか、などと思った。


2004年 6月 13日 ()  
そのまま飲み会の会場(アパート)にて起床。
だらだら話したあと大学まで送ってもらう。

多少冷静になった頭でもって、「酒の力って怖いね!」などと思った。


2004年 6月 14日 (月)  
北陽製センサの linux 版ドライバを作成。動かない〜〜! と思っていたら、
コネクタが未接続だった。ちょっとショック。
接続したら動作した。

痛いから、という触れ込みで、理系の男性向けの恋愛のススメっぽいサイトを教わる。
http://pcweb.mycom.co.jp/column/rikei/001/

...痛いです。


2004年 6月 15日 (火)  
徹夜。朝に担当教官とお話してから帰宅。
土曜日からだと思っていた学会が実は金曜日から、というのに気づき、
割と焦ってきた。まじで!


研究室の人のスクリプト操作あたりの作業を見ていて、

「名前はなんですか?」

と聞かれたので、

「はっ! 私の名前は○○○○です」

と言ったら、

「いえ、そうじゃなくて、ファイルの名前です」

と、真顔で返されて悲しかった。
...ぼけるときは、相手を選ぶ必要があるなぁ、と心のなかで思った。


2004年 6月 16日 (水)  
涼しい風、カーテン越しの柔らかい光。
これで寝坊してなきゃ、問題ないんだがなぁ...。と思いながら起床。


夜、学会で使う予定のデモプログラムでの相談を受ける。
プログラムを見せられながら、

「なんで、動かないんですか?」

と聞かれ、

「あなたのプログラムが悪いからです」

と素で返そうとする自分を押さえ込むのに苦労したりした。
私もせっぱつまっているらしい。
んで、

「どこですか〜?」

などと善人ぶりながらデバッガを起動し、挙動を見る。
NULLポインタをスレッドの生成関数に渡しているのが原因だった。

うーん、な感じ。


2004年 6月 17日 (木)  
明日のデモに向けて、座標系コマンドを追加した。
今からデモを作成する予定。

んで、私の机の周りは汚いんだが、その惨状を見た人が

「きちゃない」

と言って通り過ぎていった。ショックだった。

徹夜で準備、もといプログラム作ってた。


2004年 6月 18日 (金)  
徹夜あけ、車で名古屋までお出かけ。
出発は朝の 4:30 くらい。運転手が、

「家に帰ったけど、寝られなかったんですよ〜〜」

などと怖いことを言っていたが、気にしないことにした。
んで、運転手が頑張ってるので私も起きてようと思ったが、やっぱり途中寝た。
無理♪

んで、いつの間にか名古屋の学会の会場となる大学に。
超、寝ぼけながら学内を徘徊。
食堂の味噌かつがおいしかった。筑波よりも安いし、味噌がおいしかった。


んで、本来私が準備するはずのデモプログラムは、準備できず。
ポールスラロームとか、地図作製とかやりたかったが、できなかった。
悔しい。
物体に追従するっていうプログラムだけは動作した。


夜。名古屋で働いている研究室の OB の人を交えて飲み。
名古屋こーちんの手羽唐揚げがおいしかった。酒もいい感じ。
楽しく飲むと、言ってはならないことまで言ってしまうのを実感。
ちょっと飲み過ぎた。


2004年 6月 19日 ()  
つか、朝起きたら吐きそうなくらい気分が悪かった。
今日から学会の本番だっちゅーねん。とりあえず旅館のシャワーを浴びてさっぱり。

今回の私の役割は、

「北陽電機がつくった新しいセンサを搭載したロボットのデモプログラム」

だったんだが、当日に納得のいくデモができなかったので、
ずーっと裏の方でプログラムを作ってた。

運転手の彼が作ったプログラムがいい感じで動いていたので...。
つか、みんな頑張ってた。


今夜も少し飲み。程々にして今日こそは徹夜覚悟で頑張ろうと思っていた。
が、旅館に戻ったらすごい睡魔におそわれてそのまま就寝。
明日は学会最終日なのになぁ...。


2004年 6月 20日 ()  
最終日、結局デモはあきらめた。
ただ、今日の朝はべらぼうに焦っていたらしく、

部屋にスーツ、風呂場に下着、玄関にノートパソコンの付属品、をそれぞれ忘れる。
いつも冷静沈着な私にはあるまじき失敗だ。ということにしておく。

というか、

「あのぅ、風呂場で青いトランクスはいてましたよね?」

って感じで話しを切り出されたときは、何の相談だろう、と思ってドキドキした。

走行制御ライブラリの調整、デバイスドライバのバグ取りを現地(学会)で行う。
昼過ぎくらい、疲れがピークに達したので、会場の裏の方で横になって寝た。
まぁ、結果的に、盛況だったとらしい。

運転手、かつデモプログラムを走らせて説明まで立ちっぱなしでしていた彼と、
センサの表示プログラムの傍らでいろいろ説明していた人に頭の下がる思いです。
多謝。いや、まじで!

明日から、改めて頑張る予定。


2004年 6月 21日 (月)  
帰宅。車は時間が掛かります。
昨日の夕方に名古屋を出て、今日の 2:30 くらいに自宅に着く。
ドライバーに

「ときどき意識がとんでました」

と激白されたのはドキドキだった。
まぁ、頑張ってたしなぁ...。

帰宅後、すぐに寝ればいいものを 4:30 くらいまで作業してしまい
9:00 からのミーティングに遅れたりとか。
しっかりせな...。

昼、私が基板を設計したモータドライバが動かない原因を調べる。
というか、配線がおもむろに異なっていた。
ちょっとショック。不注意にも程がある感じ。

夕方に就寝。起きたら、風がゴーゴーと吹いていた。台風らしい。


2004年 6月 22日 (火)  
昨日に修正したモータドライバ部品を発注した。なんか眠いっす。
おみやげに買ったカステラを研究室に配置してから帰宅。

夕方に、豚こま肉のショウガ焼き。
食後に水ようかんと玄米茶。いい感じ。

疲れたときは 羊羹、お茶、が好き。


2004年 6月 23日 (水)  
FTDI の USB245BM チップを SH7045F に取り付ける作業を行う。
私がいる部屋のハンダなんかを行う作業台が人でいっぱいだったので、
違う方の棟にて作業。

必要な基板なんかをカバンに詰めて左手に、丸めた毛布を右手に持っていたあたりが
用意周到な感じだと思った。


んで違う棟の部屋での話し。

「C言語で π(パイ) ってどう使うんでしたっけ?」

とC言語初心者に聞かれたので、

「数学関係の math.h をインクルードして、大文字エムアンダーバー、ピーアイの...」

って感じで説明していたら、
近くの席のお嬢さんが、

「妄想しちゃいました」

と言って顔を真っ赤にしていた。
(もしかして、今の会話はセクハラなのか?) などと思ったりした。


2004年 6月 24日 (木)  
研究室にて起床。昨日からやっている USB インターフェースを
SH7045F につけるあたりの回路のハンダ付けを終える。とりあえず、電源を入れても
燃えなかったので一安心。

SH7045F 側のドライバは明日にでも調整する予定。


夕飯は、豚肉のショウガ焼き、ごはん、キャベツ。

「次は、ちゃんと肉をしばらく生姜だれにつけ込んでから焼こう」

などと考えると、ついつい前のメニューと重なりがち。まぁ、しょうがなかろ。


夜、「学会に論文出すけど、読んでわかりにくい箇所があったら指摘してほしい」との
大変謙虚な電話を貰っていたので、論文を読ませて貰うべくその人の研究室へ。
研究室に入り、のぞき込んだモニターがラグナロクっぽかったのは
気にしないことにした。2,3コメントしたりとか。いつの間にか1時間過ぎてた。

夜になると、隣の研究室が蚊取り線香を使っているらしく、
風に乗ってオリエンタルな香りが漂ってくる。まぁ、そんな感じ。


2004年 6月 25日 (金)  
ちゃんと朝に起床。午前中は走行制御シミュレータのマップデータ読み込みの
パーサを C++ にて実装する。
途中まで作ったあたりで、lex 使えばよかったかも、などと思った。

午後、プログラムが動作して安心したせいか、昼から八つ時まで午睡。
学生とは、かくもいい身分なのだぁ〜。などと思ったりとか。


以前、就職する人が残した遺物の中に泡盛があったので、頂戴していた。
んで、研究室。「酒ならこの人♪」という人に泡盛の飲み方を聞く。
水割りでもストレートでもよいが、柑橘系のジュースとまぜるのもよいらしい。
んで、色々聞いた後、

「最近寝付けないから、ほんの少し寝酒として飲むつもり」

とコメントしたところ、

「寝酒も一人酒もだめです!」

とのこと。むぅ。私は「だめ」という単語には弱い。
と言うわけで、打ち合わせ後にグレープフルーツジュースを買ってきて、その人を
交えて飲む。
飲んだ人数は合計で5人くらい。確かに一人酒よりはよいかも、と思った。
いい感じだった。


2004年 6月 26日 ()  
起床。ちょっと頭が重いが、多分二日酔いではない。
今日は研究室内でバレーをやるというので、昼前に研究室。
卒業した OB の人も来ていて、出発前にしばらく話していたら

「相変わらずアホだなぁ...」

とコメントされる。つか、相変わらずとは何事か! などと思った。
うまく否定できなかったが...。

んでバレー。サーブのときに軽く手を握りこみ、掌底でもってボールを打っていたら、

「にゃんにゃんサーブだ...」

と言われる。違ぇ!
バレーから帰り、布団に横になったらそのまま寝てしまい、風呂に入りそびれた。


2004年 6月 27日 ()  
だらだらしていた。
昼からもだらだら
夜は、ちょっとだけプログラミング。

うまく説明できないが、コンパイルのリンク周りの問題にはまってたりとか。


2004年 6月 28日 (月)  
ミーティング後、眠いので帰宅して睡眠。

夕方、隣の席の人(海外からの人、いい年)の送別会があったので参加。
その人、4月の初め頃に

「ワタシ、アシタ、ヤスミマス」

とわざわざ私に申告してくるので何事か? などと思ったら、その後に

「アシタ、コドモノ、入学式デス」

などと付け加えてくるような子煩悩な人だった。
最近は家族れでフリーマーケットに参加したらしく、その時の話しも聞かされた。
話しを聞くたび、私もこんな子煩悩な親父になりたいものだ。などと思ったりしてた。

んで本題の送別会。
当人には花束、参加者にはお茶とお茶菓子が振る舞われたが、菓子が和菓子で和んだ。
よい。

夜、「数値計算とその応用」を少し読み直す。いい本だと思った。


2004年 6月 29日 (火)  
USB デバイスを使えるようにすべく Linux カーネルの再コンパイル。
コンパイルのコマンドを打ち込んだ後、ソファーで少し休憩。

目を閉じて虚脱していると、
院の推薦入試の書類を出しにいこうとしている人の会話が聞こえてき、寝ぼけた頭で

小論文と小籠包(ショウロンポウ)ってなんか似てるなぁ、む〜〜

などと思った。
ちなみに、カーネルの再コンパイルは失敗してた。
原因はおそらく、以前に gcc のバージョンを 2.95.3 から、3.4.0 にしたあたり。
うーん、そりゃだめだろうなぁ...。
とりあえず放置。


2004年 6月 30日 (水)  
6月最後の日。今日で6月も終わりだと思うと感慨深い
昨日までの締め切りの書き物が1件。今日締め切りの書き物が2件ある身では
尚更である。

...どうしよう。
しかもあいにくの雨。晴れてたら扇でもって夕日を仰ぎ返したりもできるんだが。

つか、起きる気力も湧かないので寝て過ごす。
夏ばて?


本人へのコメント送信



Main Page