Main Page

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 19

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 20


2004年 9月 1日 (水)  
朝、疲れているらしく、寝起きがだるい。
ただ、ミーティングがあるので研究室へ。適当に過ごす。



私の研究のシステムをロボットに搭載して授業をする。っていう予定がある。
メッセンジャー経由にて、その授業の担当TAとお話。
一応、使うための資料は以前に渡していたつもり。

項目を3つ掲げ、

「どれか分からないものがありますか?」

と聞いたところ。しばらくしてから

「すみません、全部分かりません」

との返事が帰ってき、つい

「了解!」

と勢いよく返事をする。
彼の正直な意見を聞き、なんかやる気になった。

分からないのは、説明が悪いせいなのだろう。
んで、その説明を書いたのは私。
つまり...、まぁ、そんな感じ。無駄にもえてきた。



帰宅がてら、お買い物。
行きつけのスーパー(まるも)で、お徳用の水ようかんが売り切れていて悲しかった。

帰宅後、暗くなる前に素振りをし、自宅にてドキュメント整備を進める。
真っ暗な林の中で素振りをすると、多分「あやしすぎ」だと思うので、
最近は早く帰宅するようになった。

晩飯は、うなぎ蒲焼きと、みょうが、きゅうり、かつ節をつゆの素で和えたもの。
そこそこ。


2004年 9月 2日 (木)  
朝食に焼きそば
豚肉が高かったので、代わりに「むきエビ」入り。

つか、食後のお茶は、いい感じだ。
今日は、ほうじ茶。



ネットワーク百人一首の構成要素、実装項目を適当にノートに書き出してみる。
あと、Web で調べてみて、百人一首ネタのタイピングソフトは結構あったが、
ネットワーク対戦対応のものはないらしい。やる気でてきた。
着手。

14:00 から 17:00 くらいまで午睡してたが、打ち合わせがあるので起床。
素振りをし、風呂に入ってから研究室へ。
最近、体の節々が痛い。筋肉痛なのか、肩こりなのかは不明。


2004年 9月 3日 (金)  
起床し、研究室へ。

研究室の人の実家にあったという「くず餅」を頂いたあと、
回路基板に A/D変換器を取り付ける際のタイミングチャートについての相談を受ける。

んで、自信たっぷりで説明しようとするも、うまくいかず。
すまん、私も勉強不足だった。あまり役に立てなかったかも。

期に挑んで、ちゃんと復習したい。



夜、研究ミーティング。
まじめに話しを聞いていたつもりだが、廊下を通った研究室の人が、
なんか、挑発してきた...。

窓のぎりぎりから覗き込んできたり、ひょうきんな手振り、身振りをしたりなど。
つか、やりよる。

私、学生の中では、年長者の方。
若い学生の行動に心の底から感嘆しつつ、

「これがジェネレーションギャップというやつか!」

などと思った。私には真似できない...。
つか、すごいと思った。


2004年 9月 4日 ()  
学類の同窓会の幹事会があるので、お昼の東京へ。
出立が遅かったせいもあり、アキバを経由せずに参加。
秋にある大同総会についての打ち合わせとか。

私は 21期卒業生の幹事。なので上の期の人は、立派な社会人。
幹事会での話し合いにて、その発言には感嘆させられる。

話し合い後、飲み屋。
酒が入るにつれて話が赤裸々になるのは、どうにかならんだろうか...。
と思った。まぁ、よかろ。

帰りのバスがなくなる前に帰筑。



帰宅後、冷蔵庫の「むきエビ」を目視で確認し、
即、ビニール袋で包み直して廃棄。
生ものには、気をつけたい...。


2004年 9月 5日 ()  
竹を切るために、朝から指導教官のお宅へ。
8/30の流しそーめんの会にて、

「冗談抜きで、竹を切り足りないのですが」

と言ったところ、

「じゃぁ、5日の朝」

って感じのやりとりがあったのが、今更ながら思い出される。



約束の時間(07:30)に遅れそうだったので、
朝は、水とビタミン剤で済ませてきた。が、先生の

「朝ご飯は食べましたか?」

のお誘いに

「はい、簡単に食べてきました。...もごもご」

と言いつつ、結局、朝をごちそうになる。
朝食後、竹切りを開始。



竹を切り、運び、チェーンソーにて切断、落とした枝を燃して処分、を
延々と夕方まで続ける。途中、どしゃ振りになったが、作業を続行した。

途中、忙しさのあまり私が

「自分がもう3人欲しいです」

とぼやいたところ、先生曰く、

「いや、4人は必要でしょう。
  そこに座ってお茶を飲む役がいる。あ、それは私がやってもいい」


とのこと。
私の指導教官はこのように、年甲斐もなくお茶目な人です。
あぁ、もちろんいい意味で。

あと、お昼の休憩のとき、先生の奥さんに

「竹を切る手応え、切りくずの焦げる香り、どれも最高です!」

などと力説した気がする。私、竹が絡むと人がかわるかも。
落ち着け...。



結局、風呂まで借りてから帰宅。数時間ほど仮眠してから、誕生日がらみの飲み会へ。
切った竹で作った踏み竹をプレゼント。

疲れもあったんだと思うが、日本酒を飲んで完全に熟睡。
飲み会で、完全に寝たのは初めてだ。

02:30 くらいに目を覚ましたが、会はまだトークの真っ最中。
つか、盛り上がってた。
限界だったので、帰宅して就寝。


2004年 9月 6日 (月)  
もぞもぞと起床。頭痛い...。
んで、腕に応募券のシールが貼りつけてあったのに、今になって気付く。
昨日、寝入っている際に「いたずら」されていたらしい。

念のために鏡で確認してみたが、落書きとかはなかった。
ちぇっ、がっかりだな。

頭痛と称して、研究室のミーティングを確信犯的に休む。



夜に研究室。
普通にプログラミングをしていたら、通りすがりの留学生に、

「怒っていますか?」

などと聞かれる。
うーん。顔こわい、とのコメントにもだいぶなれたかも。


2004年 9月 7日 (火)  
今日は辛かった。
でも、頑張った。


2004年 9月 8日 (水)  
昼前に研究室に来るも、だるすぎるので帰宅。
仮眠してから、夕方になってから再び研究室へ。

A/D変換器の取り付けに必要な、タイミングチャートの作成作業を手伝う。
作業の途中、ふと思い立ち、どうすれば私が怖くなくなるかを相談してみる。

「う〜〜〜〜〜〜ん。髪型を...、う〜〜〜ん」

と悩まれてから、

「服を微笑ましいものにしてみたらどうでしょう?」

と提案される。
いや、私の服装は、普通のTシャツ、ジーパンなんだが...、
つまり、服で笑いを取るくらいでないと、
私の威圧感はどうしようもないレベルらしい...。

いや、分かってた。分かってたよ!
分かっていたが、現実とはかくも無情なものなのか...。

まぁ、よかろ。



8/30の流しそーめんの会の写真があったので見る。
私は、4枚くらいに写っていた。

のこぎりを持ってふらふらしている写真 x 3 (うち1枚は鉈も所持)
猫じゃらしで猫と戯れている写真 x 1

竹を切り、猫と遊ぶ...。その日の行動が見事に表されていると思った。
まぁ、そんな感じ。


2004年 9月 9日 (木)  
宿舎の売店。
賞味期限ぎりぎりの牛乳が安い。1リットル入りが 103円のお値段。即買い。
あと、売店の中を歩いていて、

「だめなべ」

とかかれた商品の値札を見た気がし、がばっと振り向いて確認する。
が、

「いためなべ」

とあるだけだった。
私、「だめ」に反応しすぎ。だめな子ほど可愛いというやつなのだろうか。



自宅にて学会の発表スライド等を作るも、横になってそのまま寝入る。
寝なくても頑張れる体になりたいっす。

んで、夕方には起床し、打ち合わせのため研究室へ。
室内での研究打ち合わせに参加していたが、今日の廊下では、

「スリッパを耳にあてがってうさぎの真似」
「なぜか廊下にポットを持ってきて、ふたを開け閉め」
「とりあえずヒョコヒョコ」

などのパフォーマンスを見ることができた。(過去の日記)
なんというか、


とにかく、すごい


が、廊下に面した他の研究室のドアが開く音がする度にダッシュで隠れるあたり、
やはり、恥ずかしいらしい。...とかく面白い人だ。

ほどほどにね♪



研究打ち合わせ後。
会社面接の話をしていて、

「目つきが悪いのは、障害として申告する必要があるか?」

という自虐ボケをかましてみたところ、
研究室の遠方から即座に

「そんなの見ればわかりますよ」

という まじツッコミが帰ってくる。
心なしか「わかりますよー、よー、よー」ってエコーがかかって聞こえた。

.
.
.

いや、適切なツッコミなんだが...、なんつーか、その、うーーん。

自虐ネタに まじツッコミは勘弁して下さい!

と思った。
むしろ、漫才のコンビをお願いしにいくべきか?
うーん。


2004年 9月 10日 (金)  
学会のスライド作成。今やれば楽になる。と念じながら作業。
他にやりたいこといっぱいあるしな

タイピングソフト作成とか、学会準備とか、読書とか、惰眠とか、Web-DB作成とか...
とにかくいろいろ!

あ〜〜〜も〜〜〜。


2004年 9月 11日 ()  
06:10 寝、07:40 起き。
約束の時間(08:00)に遅れなくてよかったな〜、と思いつつ、研究室の2人と連れ立って
桐蔭横浜大学の研究室に。



桐蔭横浜大学では、ロボカップのレスキュー部門で優勝したロボットとか、
サッカー部門で使ってるロボットのデモを見せてもらったりした。
サッカーロボットを手で操作させてもらったが、なかなか難しい。

つか、サッカー競技用のフィールドが、研究室とは別の部屋に据えてあり、
先生曰く「ロボカップの成果は、この大学の花形だから」とのこと。
うれしそうだった。

まぁ、そこまでは見学で、以後は仕事。
小型移動ロボット「ビーゴ」を講義で使うというので、そのソフトを設計した関係上
それに関する打ち合わせ等を行う。

というか、講義は 28日からなんだが、講義内容の詳細はまだ決まってないとのこと。

「第1週が終わってから、様子を見て次の講義内容を決める」

とおっしゃっていた。強いっす。
でも、その方がいいのかもな。
ロボットのプログラミング手順とか、使い方を一通り伝授してから帰路に就く。



帰りの電車、睡眠不足なせいで、うとうと。
みんなが電車を降りたので、ふらふらと乗り換えた結果、渋谷駅に行くつもりが、
大井町に到着していた。

あ〜〜〜〜〜〜〜

んで頑張って山手線に向かっている途中、偶然にも情報学類の頃の旧友と出会う。
ファミレスで食事し、互いの近況を報告したりとか。

普段、誰にも言わないことも、ついつい言ってしまうから不思議だ。
ちょっとだけ、互いの愚痴が出たりしたが、彼には頑張って欲しい。
お互い、まだまだ若いし、これからだ(多分)。



睡眠不足でなくて、電車を間違えなくて、いろいろなければ、こういうことも
なかったのだろう。

そう思うと、過去の評価を決めるのは、現在の自分の行動、考え方なのかも。
なんとなく、そう思った。

まぁ、よかろ。
今日は充実していたし、いい感じだった。


2004年 9月 12日 ()  
起床するも、眠さ爆発。
学会のプレゼン資料を作る必要があるが、さて、どうしよっか...、って感じ。

ま、観念して学会の発表原稿作成を行う。
途中、ノートにある自分の文字が読めなくて苦労した。

あと、スライドを作ってて、

「ソフトウェアはここで公開しています」

と変換したつもりが、

「ソフトウェアはここで後悔しています」

って変換された...。
「こんなものを公開し、かつ学会発表しちゃってごめんなさい」
と、微妙に思っていたので、なんか...、感動した。
Atox-X 万歳!

いや、がんばれ、俺...。


2004年 9月 13日 (月)  
研究室のミーティングの帰り道、外をあるいてて、いい天気。
隣の人が、

「芝生の上で寝ころんだら気持ちいいでしょうね...」

と言っていた。私もそう思う。

明日、学会へ出発する身分で、
今日の発表練習の準備もほとんど終わってないけど...、
だからこそ、芝生の上で寝たら気持ちいいんだろうな〜〜。

などと思った。

んで、そんな感じで返事をしたら、「いやいやいや」と否定される。
残念。

「学会終わって、基板の作成がうまくいって、雑務を3つこなし、
 タイピングソフトの作成が終わったら、少し休憩入れるかな?」


と思うも、

「...多分、そんな日はこない」

と自分で即答していた。我ながら、やな考え方だ。



夜、学会発表用のロボット制御プログラムを作成。
今回発表するソフトウェアの使い勝手にとまどいつつ、

「ぶっちゃけ使いにくいかも!」

などと思った。いや、まじで!
明後日に自信たっぷりで発表してくるけどな!
うひょー!


2004年 9月 14日 (火)  
明日、名古屋の学会にて、2件ほど発表をしてくる予定。

が、当然のように発表スライドの作成はまだなので、
ロボットが移動する動画を撮影すべく研究室へ。が、ロボット動作せず。


いや、


...えーと。


まずいんですけど...。


む〜〜、


冗談抜きで、やべぇよ!!



結局、計3時間ほど 悩んだり、ふてくされたり、原因を探したりした結果、
接続ケーブルの断線が問題だったことが分かる。
感無量。

研究室の人の「前回も、慌ててませんでしたっけ?」
との台詞が私の傷口をえぐります。勘弁して下さい...。

んで、急いで動画を撮影し、新幹線に乗るべく東京へ。
結局、23:00 にはホテルへのチェックインが完了した。
が、スライド作成はまだ完了せず。

今日は、そんな感じだった。


2004年 9月 15日 (水)  
早朝、ホテルにてスライド作成の続き。繰り返すが、本日の午後に発表。

机で作業してたんだが、机の前には大きな鏡が置いてあり、
目つきの悪い人(多分、自分)と時々目が合ってしまい、恐かった。
...結局、ノートパソコンを持ち出し、ロビーにて作業。



なんとかスライドを作成に見切りをつけ、昼過ぎ頃に名古屋大学へ。
予稿集をもらい、その場にて自分の発表時間を確認する。

発表は 14:25 と 16:25 からだと思っていたが、実際は
15:45 からと 16:45 からだった。なーんだ、まだ時間あるじゃん。って感じ。
安心したが、こんなんでいいのか? とも思った。



んで、発表終了。
はじめの発表はともかく、
2件目の発表後、セッション最後の発表だったこともあり、質問をして下さった
人で集まったりして、ちょっと盛り上がった。
いい感じ。



夜、和民にて飲み。
ホテルに帰った頃には、ぐでんぐでん。
日付が代わる前に寝入った模様。

が、習慣とはおそろしいもので、04:10 くらいに目が覚めた。
最近は、4,5時間寝ると、自然に目が覚める。
仕方がないので、ロビーにてプログラミングをしたりとか。


2004年 9月 16日 (木)  
学会2日目。発表はないので、気楽に発表を聞く。
それなりに楽しい。

学会の懇親会後、若手(ドクター以下の人)で集まって飲む、というので参加。
なんつーか、色々話して やる気になる。
負けちゃおれん。


2004年 9月 17日 (金)  
まだ学会中。午前中の発表を少し聞く。
人間っぽいロボット の動きを見たが、なんか怖かったりした。

あと、今回の学会にも 北陽電機 が参加しており、センサとロボットが現場にある。
んで、昨日、酒に酔った勢いでもって

「じゃぁ、発表も終わりましたし、デモプログラミング作りますよ!」

と言い、その作業を行っていたが、
なんつーか、プログラミングの自信をなくなってくる。
センサのハンドリングとか、ロボットの制御プログラムとかって難しいっすよ...。

んで、プログラムを作っていたら、私の指導教官が通りすがり、

「また、(学会が)終わる頃にも動作しないデモを作ってるのか?」

などと仰るので、

「いぇ、終わるころにも動いたりしません!」

と断言した。我ながらどうかと。

あと、デモプログラムについてのコメントを貰ったので、そのように修正。
私はいい先生を担当教官に持った。
あぁ、もちろん良い意味で。

んで、適当に企業展示を見た後、筑波への帰路につく。
なんつーか、学会に行って、色々とやる気になった。


2004年 9月 18日 ()  
学会も終わったし、今日は、惰眠をむさぼってもよい日。
なので、気を引き締めて、だらだらする。



夜に起床。
百人一首のタイピングソフト作成の続き。
今回は、EUC コードの百人一首データを Unicode に変換して表示するあたり。

http://yozvox.web.infoseek.co.jp/ で配布している「ちょっとくずした毛筆版」という
フォントを用い、Web上に存在した hyaku.txt ってデータを変更して画面表示。

ちゃんと表示できて、いい感じっす。


実行結果を眺め、ちょっと悦に浸ったりした。


2004年 9月 19日 ()  
タイピングソフトで使う「ローマ字かな変換」のあたりを実装。

テーブルを読み込み、マッチに成功した文字を置き換えるだけのプログラムだが、
ちゃんと動作していい感じ。


↑ a-z まで入力した場合の変換結果。


2004年 9月 20日 (月)  
深夜の教育テレビにて、なんか料理の基本についての番組をやっていた、見る。
「献立は、一汁三菜を基本にする」とか、
「組み合わせ、味付けが重ならないようにする」とか、いろいろためになる。

が、実際に野菜を切る実演をしているのが、めがねをかけた高校生くらいの男だった。
めがねはともかく...、

調理の勉強っていったら、若奥様だろうが、新妻だろうが!
くたばれ、N○K!!


などと思った。
しかも、切り方が下手くそ。
いや、これはなんか、初々しくてよいんだが...、

とにかく、わかっとらん!!

まぁ、ためになったので、よしとする。

最後に「N○K 高校講座」という番組のタイトルが出た。
うーん、高校講座なら仕方がないかも?


2004年 9月 21日 (火)  
早朝の研究室。数日分のメールを取り込んだら、新着が 93通あった。
めんどう。つか、締め切りを過ぎたメールがないかビクビクしながら確認していく。

「21日の 14:30 くらいからデモをお願いします」

って内容のメールを読み、ちょっと固まったりとか。

あ〜〜〜〜、って感じ。

仕方がないので、準備。
12:00 から本日用にプログラムを調整しようとするも、13:30 頃にあきらめる。
つか、寝てなくて考えとかまとまらない。

以前に、適当に作ったデモプログラムで済ます。
来た記者の人が、デモの発表、もといロボットに搭載されている小型のセンサの写真を
撮りまくっていた。

んで、その間中、写真を撮りやすいようにロボットを持ち上げていたんだが、重い。
持ち上げてて、腕がぷるぷるしてきて、つらかった。
あまつさえ、

「視線はロボットの方でお願いします」

などと言われたり...。
まぁ、プロのカメラマンとしてのこだわりなのだろう。
そんな感じ。



夕方に帰宅し、素振り。
久しぶりなせいか、体がちょっと重かった。


2004年 9月 22日 (水)  
ネットワーク百人一首のタイトルのあたりを実装。
選択アイコンがマウスとカーソルとで上下できるあたりまで。
背景の素材は、*Piece*** ってサイトのものを利用。





デモの発表を昼に終えての夕刻。
研究室で使うロボットの部品管理DBの作成を、ペアプログラミングで行う。
相手から適切なツッコミ等が入って、いい感じだった。

んで、そんな作業をしていたところ、
指導教官が、机に座っている私を見て、

「よぉ、久しぶり」

などと仰る。
失礼な、まるで学校に来てないみたいじゃないか...。と思いつつ、一応抗議。
あぁ、もちろんいい意味で。

...どういう意味だ?


2004年 9月 23日 (木)  
夕方、指導教官宅で、研究室に訪問してきた外国の先生を囲んでの食事会。
そして、その手伝い。

えーと、火をおこす、サラダを作る、かまどを温める、焼き肉を食べる、ピザを焼く、
って感じ。

食事が一段落してまったりモード。
猫じゃらし(エノコロ草)でもって、うりうり、って感じで猫をじゃらす。
寝ころんだ猫が、じゃれつく様は最高だった。
つい、

「萌え〜〜」

などという単語が口をついて出ようというものだ。
研究室の人にそれを聞かれたのは失敗だったが...。

とかく、感無量。


2004年 9月 24日 (金)  
朝に起床するも、だるかったので夕方になってから研究室へ。
打ち合わせとか、論文についての打ち合わせとか。



打ち合わせ後、私の前に先生と話して居た人が、

「話し、長引いちゃってすみません」

などと、わざわざ言ってきた。別に気にしてなかったし、

「あ、別にいいですよ〜」

と言ったが、



をにぎにぎしながら言ったせいか、ちょっとビビっていた。
気をつけよう。


2004年 9月 25日 ()  
夜、タイピングソフト作成を少し。
選択肢のリソース管理のあたりを実装、


↑ 「タイピング練習」って項目を選択した後の画面。

ちゃんと動作した。
設計がシンプルな程、デバッグにかける時間が少なくて済む。
そう思った。
就寝。



起床して朝食に親子丼。しかる後、研究室へ。

今日はバレーをする日。何人かの人が既に集まっていた。
研究室のOBの人も来ていたが、その人が私の顔を見て最初に言った言葉が、

「変なやつがいる」

だった。失礼な人だ。

「研究してんの?」

などとも言われたので、斜め前の席のAさんに助けを求める。

私: 「○○さん! 私、研究してますよね?」

A: 「...えっ?」

私: 「...」

嘘でもいいから「はい!」と言って欲しかった...。
負けるな、俺...。



バレーは、眠さ、もしくは体が固くなったせいか、
いまいちだった。

あと、ゲーム中に名前を呼び間違えられて悲しかった。



一眠りして夜。
移動ロボット用のデモプログラムを作成する。
やはり、なにかを作る作業ってのは楽しいものだ。
ちょっと幸せだった。


2004年 9月 26日 ()  
タイピング時の画面を作ってみる。こんな感じ


実際に配置すると、いろんなことに気付く。
まぁ、今日は昼に東京に行くので、早めに就寝。



12時過ぎに、茗荷谷駅に到着。
情報学類の同窓会で使う会場の下見が目的。他の期の幹事の人と合流して会場へ。
つか、他の幹事の方には、待ち合わせ場所とか時間とか、いろいろ気を使って貰って
ありがたかった。

私は見てただけだったが、
会場の下見とか、予算の話しも無事に終了。

筑波への帰り道、
今日ありがたいと思ったことを、いつか、次に来る幹事に伝えられればよからん。
などと思った。そんな感じ。



自宅、タイピングソフト作成の続きを行う。


αブレンディングでもって、だんだんと文字を表示しているあたりが動作した。

「しろきをみれば」

が、だんだんと表示されているのが画像から分かるだろうか?

漢字にルビを振るあたりの実装は次回の予定。
ちゃんとプログラムが動作するのはいい感じだ。


2004年 9月 27日 (月)  
今日は横浜桐蔭大学に行く日。
横浜桐蔭大学の講義で使う移動ロボットについて、ソフトウェアの調整をする予定。

が、寝過ごしてしまう。
やべぇ。

バス渋滞に巻き込まれつつも、13:30 くらいに「あざみの駅」に到着。

「昼すぎに行きます」

と言っていたつもりなので、遅れてしまってちょっと恐縮。
が、到着した先の研究室の予定表欄には、

「11:00 つくば大来訪」

と書いてあった。あ〜〜〜、約束の時間って 11:00 だったんだ...。
んで、その後すぐに昼飯の話題が出たあたり、私の到着を待っていてくれてた模様。

すげー、恐縮!!

...気を取りなおし、作業を頑張ることにする。
あと、予定表は「13:00 つくば大来訪」にこっそりと修正しておいた。今さらだが...。



んで、まずは明日の講義内容を話し合って決めた。ちなみに確認すると、

講義内容の決定   … これから
ソフトの調整     … 抗議の内容を決定した後で
ロボットの準備   … 15台のうち、2台ほど構築済み。あとは部品の組み合わせ待ち

って感じ。つか、超やる気。
先生と私、年齢も専門分野も異なるんだが、共通点は

「学会等の発表原稿を、前日の夜に作っている(こともある)」

というあたり。
という訳で、上述の状態は言わずもがな、なのですよ〜〜。



その後、講義内容を他大学の学生である私が適当にまとめた後、
Visual C++ 上でライブラリのコンパイル、移動ロボットの動作確認、
講義用にライブラリを変更、講義で使うサンプルプログラムの作成、などを
延々と行った。

んで、一通りの作業が終わったのが 23時57分。
今日は帰らないことにする。...つか、出発するときにある程度の覚悟はしてきた。



その後、気分転換と称してタイピングソフト作成の続き。
他大学の研究室、まわりが作業している中でこっそりと違う作業をするのはドキドキ。
私も強くなった。

んで、ルビを振るあたりまでは動作する。



100首確認したが、どれも大丈夫そうだった。いい感じ。
今後は入力の取扱い、効果音の処理などか?

眠くなったので、研究室内に置いてあったタウンページを枕にして、床で睡眠。
なかなかに寝心地は悪い。


2004年 9月 28日 (火)  
06:00 くらいに起床。床が固くて、寝た気がしない。
最悪の寝覚め。やはり、布団は必須である。

深夜の 02:30 までは起きてたんだが、寝て起きたら先生はいなくなってた。
後で聞いたら、4:00 くらいに一度帰宅したとのこと。
私の方が明らかに若いはずなんだが...、負けとる。
まぁ、よし。



結局、午後からの講義にも参加し、なぜか教壇にも立ったりした。
ロボットもちゃんと動作してよかった。

んで、18:00 くらいに大学を出、「和民」で TAの人と食事してから帰宅。
横浜を出発したのは 19:00 くらい。

今日は十五夜らしく、研究室ではお月見が予定されていたとのこと。
いいなぁ〜。今頃帰ったのでは間に合わないだろうが...、まぁ、やんかたなし。

だんご、だんご♪


2004年 9月 29日 (水)  
普通にお昼に起床。なんか、疲れがどっと出た気がする。

横浜桐蔭大学用で来週にも使いうるソフトウェアの資料はまだ作ってないんだが、
講義を受ける人の顔を直に見たせいか、作らなければならない気がしてきた。
情が移ったのかも。

やるかぁ!

と思いながらも、結局はそのまま布団で2度寝。
疲れていたのもあるが、布団の寝心地がすばらし過ぎ!
地面とは比較にならない寝心地のよさ。

おやすみ。



夜になって起床。タイピングソフトの続きを少し。



和歌の表示に、以前作っておいた入力ルーチンを組み込む。
結果表示の前までは、ちゃんと動作している。
効果音とかまだだが、いい感じ。

後、研究の方の IEEE1394 回路の作成を行い、1394コネクタの周辺以外は
配線を終わらせた。
少しずつでもやればよかろ。


2004年 9月 30日 (木)  
1394コネクタ周りの配線を終わらせ、回路図作成が完了。
残りは、実際の基板に対してのハンダ付けだな。

風呂に入ってから、研究打ち合わせのために研究室へ。



研究室に到着するも、疲れが抜けきっておらず、超だるい。
以下、到着後の作業ログ。
18:48	やる気しない。ぼーっとする
19:18	つか、だるだる
19:33	ぼーっと一息
19:45	やっと、気分が落ち着いてきたかも
20:05	いや、むしろだるだる
21:07	よし、覚悟してメールを読む
だめだめ、つか、メール読むまでの2時間は何をしていたんだろうか...。
ある意味すげぇよ。



んで、研究打ち合わせ。
今日の研究打ち合わせの廊下には、コンビニ傘をさして歩く人が居た。(過去の日記)
頭を抱えつつも、思わずノートに

「○○○、あたま悪い」

と書いてしまう程度のショックだった。
「あたま悪い」というのは、私の中では最上級のほめ言葉。
もちろん、いい意味で。

なんとなく、ほのぼの。



帰宅、タイピングソフト作成の続き。
タイピングの結果を格納する構造体を作り、平均入力速度の計算などを追加、
クラスとしてまとめる。
んで、その情報を表示する画面の作成とかを行った。

以下、適当なデータによる表示確認のページ。


上から順に項目を表示し、総合得点は高速カウントアップしながら表示したいと思う。
結果表示の次ページにて、入力開始が遅かった和歌を一覧表示してもよいかも。

自分で作ると、かゆいところに手が届く。
いい感じ。


本人へのコメント送信



Main Page