Main Page

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 19

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 20


2007年 6月 14日 (木)  
最近、すっかり早寝早起きさんだ。
今日は、05:20 くらいに起床。

ま、寝るのは 22:00 くらいなんだけどね。



で、帰宅してから UkagakaShellHandler.cpp を実装中。
「伺か」の Shell を扱うためのプログラム。文法が決まっているし、割と簡単だな。

しかし、何やってんだろうなぁ...、私。
まぁ、とりあえずプログラミングしていると気分がよいので、よしとする。


2007年 6月 15日 (金)  
少しだけ遅めに帰宅した、だりぃ。
どうやら私の場合、定時+5時間 くらいから、体が HELP 信号を出すらしい。
まぁ、そんな日もある。



MOSAIC.WAV の「魅惑のツンデロイド」という曲を聴きながら、

「ツンデレとかって、どうやって作るんだ?」

などと、AI の奥深さに思いを馳せたりした。
まず、ツンデレって何のことなのか、適当に書き出してみた。

・相手への好意に対する反応が低いときに、自分を守るための言い訳
・自分の感情をさらけ出すのが恥ずかしい (恥ずかしいのは、何でだ?)
・自分の感情を出せないストレスの現れ (で、自分の感情を出せないのは、何で?)
・おたく心をくすぐる、高度なテクニック (心くすぐられるのは、何でだ?)

む〜ん、難しいね。有識者で集まって、真面目にブレインストーミングしてみたい。
どっかに「ツンデレ」の明確な定義はないものだろうか。

いずれにせよ、真の行動要求群と、表現したい行動まわりを二重化する必要が
ありそうだ。こういうモデルにすると、人っぽく見えるのかな?
いや、まじで難しいね。

とりあえず、Todo リストに「ツンデレについて検討」と書いておいた。



さて、どうするかな?


2007年 6月 16日 ()  
ちゃんと起床。
今日も、がんばっていきまっしょい。



で、大学へ。
今日の目標は、勉強会への参加と、自分に割り当てられている PC の修理。

先週は、PC の OS を再インストールしようとしたが、CD-ROM ドライブが
動作しなかったので断念。
今週は、自前の CD-ROM ドライブを持参してきて準備ばっちり。

そして、持ってきた CD-ROM ドライブ(厳密には、DVD-RW 16倍速) を取り付け、
自信たっぷりに PC の電源を入れる。

...(シークするも、画面に変化無し)...

結論、今週は BIOS かビデオカードまわりが動作せずに再インストールを断念。
とても悲しかった。

つか、さすがにこの PC はもうダメかと思った。
「ツン」ばかりで「デレ」がないのは、つらいです。

あと、帰りのバスに乗り遅れて、これまた悲しかった。
次のバスまで、50分待ち...。
なんで、こんなにバスが少ないんだよ〜。

結局、帰宅したのは 22:30 くらいだった。
近くて遠きは関鉄バス、などと思った。


2007年 6月 17日 ()  
この日記に対して、コメントが届いていた。
多分、「ツンデレ」について検討したときの、
・自分の感情をさらけ出すのが恥ずかしい (恥ずかしいのは、何でだ?)
についてのコメントかと思われる。
コメントの内容は、以下の通り。
> 先に好意を示した方が立場が弱くなるからではないでし
> ょうか。
むぅ、そうかもしれん。
そうかもしれんが、こういう風に、まともなコメントが届くと
なんとなく気恥ずかしいです。

というか、男女の仲は難しいね。むぅ。



「ツンデレ」については、次に作るかも知れない「英語勉強用のタイピングソフト」
教師役の人工無能の性格設定に、「やさしい、ツンデレ、ヒステリック」を
取り込もうと計画中。

がんばりましょう。


2007年 6月 18日 (月)  
出張1日目。
定時後は、「天下一品」で食事後、そのまま宿泊先へ。

疲れてたらしく、すぐに寝た。
月曜から疲れてるのって、どうなのかと...。


2007年 6月 19日 (火)  
朝早くに起きすぎたので、少しだけプログラミング。
「早朝ランニング」ならぬ、「早朝プログラミング」だ。健康的、なのかな?

とりあえず、「伺かビューアー」っぽいもので、
立ち絵が表示されるまでを作った。やっぱりプログラムが動作するのを見ると、
やる気がでるね!

いい感じ。


2007年 6月 26日 (火)  
社食にて「リラックマ、って知ってる?」と聞かれた。
知らなかった...。

まぁ、Linux は十分に知ってるから問題なかろ。



久しぶりに縄跳びで運動をしたら、腕が重い...。
最近、体力の衰えを感じます。


2007年 6月 27日 (水)  
クーラーの「おやすみタイマー」とかいう機能をしかけて寝たんだが、
クーラーが切れて部屋が暑くなるのか、3:00 時頃に起床。
...むぅ。

で、二度寝して、目が覚めたら遅刻気味。
...むぅ。

まぁいいや、おかげでよく眠れたし。
久しぶりに、すっきりした頭で出社。



そして退社。

最近の気づきだが、運動を 30分と、プログラミングを2時間くらいすると
気分も体調もとてもよい。そんな、今日この頃。

あと、「今日この頃」って打ち込もうとして、「強固のロゴ」になった。
強そうだ。いい感じ。


2007年 6月 28日 (木)  
突然、室内からくぐもった声が聞こえてきて怖かった。
なにかのはずみで、テレビのリモコンで電源を入れたらしい。

びっくり。



移動ロボットのシミュレータまわりについてのアイディアが止まらない。
が、時間が...。


2007年 6月 29日 (金)  
やっぱり、退社が遅くなると、翌日に響く。
今日は、やることを終わらせて、さっさと帰ろうと思った。

がんばりましょう。



よく、この日記で「いい感じ」と文末をまとめている。
会社の報告書でも、ついつい、「いい感じ」と書いていた...。

上司に

「いや、ここは『いい感じ』なんです!」

と力説するのも、どうかと思ったので、報告書からはその記述を削除した。
まぁ、そんな感じ。



mplayer の subversion 版が、flv もシークできるのを確認した。
すげーよ、mplayer。


2007年 6月 30日 ()  
プログラミングにおいて、ライブラリ API 設計においては、
ここの関数レベルの定義において、

「機能の不足なく」「機能の重複なく」「シンプルに」

を心がける必要がある。
ここで、ユーザがライブラリを簡単に使うために、「機能の重複」について

- 多少の例外があってもよい
- 例外はあってはならない

というのが、ライブラリ API の設計ポリシーについて、議論の分かれるところらしい。
私は、そのライブラリが、一般の人間に多く使われるのであれば、
利便性のために、「多少の例外があってもよい」と思う。

例えば、「うどん+卵」「月見うどん」は同じものだが、
機能に重複のない API しか用意されていなければ、毎回「うどん+卵」で頼むしか
なくなるだろう。面倒。
だから...。

...などと、駅のうどん屋にて、妙に納得しながら食事をした。
頭の中がプログラミング色に染まっているあたり、私はもう、ダメかもしれません。
まぁ、いいが。



研究室で、論文を書いたり、Web-DB について相談に乗ったりした。
今日は、専攻公開の日だったらしく、見学者が結構来ていた。


本人へのコメント送信



Main Page