Main Page

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 19

Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/hyakuren-soft/www/diary/includes/dateLink.php on line 20


2009年 1月 4日 ()  
ここ数日は、Lua と C++ を用いたゲーム用の GUI 作成を行っていた。
で、今日やっと文字列の表示までが動作した。



次は、メニュー画面のサンプルとかかな?
先は長そうだ。

進捗状況は、SourceForge で管理中。
http://sourceforge.jp/projects/qpilot/ticket

あと、自分用の仕様書は、ここ。
http://qpilot.sourceforge.jp

まぁ、ゆっくりと作りましょう。


2009年 1月 5日 (月)  
昨夜は、8時間以上も寝たが、相変わらず昼過ぎは眠かった。
もう、こういう体質だと思うことにしたい。

ただ、この話を同僚にしたときに、

「お子さまですか?」

と言われて、少し悲しかった。



帰宅してから、ゲーム用に動画の再生用コンポーネントを作成する。

このあたり参照。
http://ilaliart.sourceforge.jp/tips/smpeg1.html

とりあえず動作。
動画再生が簡単に使えるあたり、上記ページと smpeg はすばらしい。


動作サンプル
(動画は、http://www.limo.fumi2kick.com/forum/lm_forum02.html より)

そんな感じ。
まぁ、ゆっくりと作りましょう。


2009年 1月 6日 (火)  
定時後、今日から1ヶ月ほど働くという人と食事。
いろいろ話をした。



少し飲んだせいか、帰宅後は眠かった。
なので、今日はソース中の using ディレクティブの調整だけして寝た。

あと、どうやら、昼間に寝ないと疲れがたまってくる体質のようだ。
火曜日にして、既に疲れ気味。


2009年 1月 7日 (水)  
ゲームチャートのフローの記述について、風呂でシャワーを浴びながら考えていたときに、

「風呂でフローについて考える」

とか思うと、少し幸せな気分になってきた。
最近の私の思考は、なんとなく幸せ色だ。



ゲーム開発の方は、画面の最大化、ウィンドウ化、を Lua から制御する
サンプルを動作させたりした。

--! \file
-- \brief フルスクリーン、ウィンドウ、の切り替えサンプル
--
-- \author Satofumi KAMIMURA
--
-- $Id: screenModeSample.lua 77 2009-01-07 11:09:09Z satofumi $


-- 画面サイズの受け取り
local scr_w = _G.settings.screen_width
local scr_h = _G.settings.screen_height

local screen = Screen();

-- LayerManager の初期化
local layer_manager = LayerManager_object()
layer_manager:clear()

-- 終了キーのイベントハンドラを作成
local quit_event = Event_ctrl_q()
local quit_detector = EventDetector(quit_event)

-- スペースキーのイベントハンドラを作成
local space_event = Event_space()
local space_detector = EventDetector(space_event)


local cycle_timer = CycleTimer()
while not quit_detector:isActive() do

   -- 現在の画面モードの受け取り
   if space_detector:isActive() then
      local is_fullscreen = screen:isFullscreen()
      if is_fullscreen then
         print("Fullscreen mode")
      else
         print("Window mode")
      end
      screen:setFullscreen(not is_fullscreen)
   end

   layer_manager:redraw_pollEvent()
   layer_manager:redraw_draw()
   delay(cycle_timer:waitMsec())
   layer_manager:redraw_swap()
end

今日はこんな感じ。
早いところ、フロー記述方法の仕様を書きだしてしまいたい。

その後は、メニュー画面の実装、シューティングまわりの実装を進めたい。


2009年 1月 8日 (木)  
ゲームのチャート表現に、DOT 記述を用いてはどうか? と思った。
DOT 記述は、 http://www.graphviz.org/ で使われている。

こんな感じの記述で、
digraph menuSample {

Menu -> New [label = "select==0", fontsize = 10];
Menu -> Load [label = "select==1", fontsize = 10];
Menu -> Config [label = "select==1", fontsize = 10];
Menu -> Exit [label = "select==2", fontsize = 10];

Menu [shape = box]
Exit [shape = box, peripheries = 2]
}
こんな画像が生成できる。



この記述方法でもって、

- 状態
- 分岐の変数と条件

を管理できれば、面白そう。
まぁ、詳細はゆっくりと考えたい。



今日の晩は、飲みがあって、へべれけに酔った。
帰宅してから、大変だった。


2009年 1月 31日 ()  
最近は、ロボット用ライブラリの実機実験をしていたせいで、
qpilot 開発の方が滞りがちだったが、とりあえず、qpilot の暫定メニューを作成した。


とりあえずのメニュー


自動生成された、現在のチャート図

まぁ、ゆっくりと進めましょう。
次は、自機の操作まわりのサンプル作成の予定。


本人へのコメント送信



Main Page