はじめに

この講座は、Linux や MacOS など、Direct X の使えない「いばらの道」を進もうとしている方に対して、クロスプラットフォームなゲームの作り方を紹介していくものです。その名も...

「SDL + OpenGL でゲームプログラム」講座

そのままのタイトルです。
SDL や OpenGL を使って、今までのコンソール表示とは比較にならないハイクオリティーなゲーム作成を目指します。SDL を用いることで、簡単に画面作成やイベント処理を行うことができ、OpenGL を用いることで高速な画面描画を実現できます。必要に応じて、SDL や OpenGL の補助ライブラリを使えるのも魅力の1つです。

さて、本講座ですが...、一応 C++ の経験があり、boost の使い方は大体分かる。また、STL やクラスについては理解している、という方々を対象に書こうと思っています。

最後になりましたが、本文における間違いや、よりよい手法やツールなどがありましたら、是非、コメントフォームにてお知らせ下さい。みなさまのご意見、ご感想をお待ちしています。


コメントページ


参考



Generated on Mon May 18 11:11:09 2009 by  doxygen 1.5.7.1