タイトルとアイコンの設定

Window にキャプションとアイコンを表示する方法についての説明です。

captionAndIcon_image.png

サンプル

SDL には、キャプションを設定するための SDL_WM_SetCaption() という関数と、アイコンを設定するための SDL_WM_SetIcon() という関数があります。ですので、これを使えばウィンドウのキャプションとアイコンを設定することが可能です。

キャプションとアイコンの設定サンプル
captionAndIcon.cpp, cross_blue.bmp (サンプルで利用)

#include <SDL.h>
#include <cstdlib>


namespace
{
  void exitAndError(void)
  {
    printf("error: %s\n", SDL_GetError());
    exit(1);
  }
}


int main(int argc, char *argv[])
{
  static_cast<void>(argc);
  static_cast<void>(argv);

  // SDL の初期化
  if (SDL_Init(SDL_INIT_VIDEO) < 0) {
    exitAndError();
  }

  // アイコンの登録
  SDL_Surface* icon_surface = SDL_LoadBMP("cross_blue.bmp");
  if (icon_surface) {
    SDL_WM_SetIcon(icon_surface, NULL);
    SDL_FreeSurface(icon_surface);
  }

  // 画面の作成
  int bpp = 0;                  // デフォルトのピクセル深度を用いる
  SDL_Surface* screen = SDL_SetVideoMode(640, 480, bpp, 0);
  if (! screen) {
    exitAndError();
  }

  // キャプションの設定
  SDL_WM_SetCaption("Caption and Icon", "Caption and Icon");

  // 待機
  SDL_Delay(3000);

  // SDL の終了処理
  SDL_Quit();

  return 0;
}

実行例

captionAndIcon_image.png

アイコンとキャプション部分

簡単ですね。
ただ、この実装だと画像ファイルが存在しない場合にエラーになります。画像ファイルは zip 圧縮などした上で、実行ファイルに含めてしまうとよいでしょう。リソースを圧縮して実行バイナリに含める方法については リソースの zip 圧縮 (記述中) にて説明します。


コメントページ


参考



Generated on Mon May 18 11:11:10 2009 by  doxygen 1.5.7.1