「SDL + OpenGL + Lua でゲームプログラム」講座

SourceForge.JP

この講座ではメインのプログラム言語を C++ とし、SDL や OpenGL、OpenAL などのライブラリや Lua スクリプトなどの便利なツールを紹介していきます。「C++ は読めるようになったけれども、ゲームをどう作れば良いか分からない」という方々のお役に立てれば幸いです。わかりにくい箇所は、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

本講座に掲載されているプログラムやサンプルは自由に使っていただいて構いません。ただ、各ライブラリ(SDL, OpenGL, Lua など) を利用される場合は、そのライセンスにご注意下さい。


この講座について


ゲームの基礎

プログラミング以外の、ゲームについての基礎を解説します。


ゲーム用の基本モジュール

各モジュールについてサンプルプログラムを提示し、解説を行います。


ゲーム用のライブラリ作成

各モジュールのライブラリ化について解説します。


ゲームサンプル

サンプルとして作成したゲームを配置しています。


開発環境の構築

利用するライブラリのインストール方法を、OS 毎に説明します。


利用規約(ライセンス)

  • このページに掲載されているサンプルソースはライセンスを主張しません
  • パッケージ配布しているものは、別途ライセンスを明記します
    (使用ライブラリ(SDL, OpenGL など)の利用規約に準拠するため)


コメントページ

Author:
Satofumi <satofumi@users.sourceforge.jp>
更新履歴
2009-04-06
- コメントページへのリンクを追加
各ページに、コメントページへのリンクを追加しました。


2009-04-06
- FlyFlapp-0.0.3 (ハエ叩き) をリリース
効果音の処理を実装しました。


2009-04-05
- FlyFlapp-0.0.1 (ハエ叩き) をリリース
SDL, OpenGL, Lua の利用サンプルです。


2009-03-25
- サイトの作成を開始
SDL と OpenGL を用いたゲーム作成方法の紹介を始めました。















最近変更されたページ


Generated on Mon May 18 11:11:09 2009 by  doxygen 1.5.7.1