Lua スクリプトの実行

Lua スクリプトのファイルを実行する方法は、以下のようになります。

sample.lua を実行する場合

% lua sample.lua 

Lua の文法やサンプルについては 「Lua 5.1 リファレンスマニュアル」(日本語) などをご覧下さい。


グローバル変数について

普通に Lua スクリプトを実行すると local のない変数宣言はグローバル変数になりますが Lua パッケージに付属している strict.lua を読み込んでおくことで、存在しないグローバル変数へのアクセスをエラーにすることができます。

strict_sample.lua

-- strict.lua の使用サンプル
-- Satofumi KAMIMURA
-- $Id: strict_sample.lua 772 2009-05-05 06:57:57Z satofumi $

require("strict")

y = 3                        -- 明示的にグローバル変数を宣言したい場合

function test()
   for i = 0, 10 do
      -- "x = 2" だとエラーになる
      local x = 2
      print(i + x + y)
   end
end


test()

"local" をコメントアウトして、エラーを出力させた例
(サンプルでは strict.lua をローカルにコピーして利用しています)

% lua samples/strict_sample.lua
lua: samples/strict_sample.lua:12: assign to undeclared variable 'x'
stack traceback:
        [C]: in function 'error'
        ./strict.lua:28: in function <./strict.lua:24>
        samples/strict_sample.lua:12: in function 'test'
        samples/strict_sample.lua:18: in main chunk
        [C]: ? 


Lua スクリプトの構文チェック

単に Lua スクリプトの構文チェックを行いたい場合は、luac -p が利用できます。

% luac -p samples.lua 


コメントページ


参考



Generated on Mon May 18 11:11:10 2009 by  doxygen 1.5.7.1