Moai SDK を使う
 All Files Functions Variables Pages
画面の作成 (記述中)

Moai SDK の MOAISim.openWindow() で画面の作り方を紹介します。

横長、縦長の指定 (記述中)

画面を縦長(portrait)で使うか、横長(landscape)で使うかを設定します。

screen_portrait_landscape.svg

Android の場合

settings-local.sh ファイルの screenOrientation の設定を変更します。

縦長(portrait)

screenOrientation="portrait"

横長(landscape)

screenOrientation="landscape"

iOS の場合

デフォルト設定である縦長(portrait)の画面は何も変更せずに利用できます。
横長(landscape)の画面にする場合には、ソースコードを変更と いくつかの設定変更が必要です。

!!! .mm の変更

!!! .mm の変更

!!! Info.plist の変更

Info.plist の変更を XCode で確認すると以下のようになります。

!!!

ただし、この設定は

!!!

!!!

では意味が異なっており、アプリ起動時は上にある設定が利用されます。

アスペクト比を保持してスクリーンを画面に合わせる (記述中)

!!!

アスペクト比に応じた設定を読み込ませる (記述中)

!!!