カテゴリー別アーカイブ: クエリちゃん

承認欲求を満たしながら開発するために

ソフトウェア開発のプロジェクトを進める上で、仕様やコードのレビューを行い、不明な点を相談して決めたりする。 そうやって、曖昧だったタスクを明確な個別タスクに落としこんでいくと最終的には個人でやるタスクになる。  個別タスクを達成したときに、

「できたー!」
「できたか! よし、宴じゃ! 宴の準備じゃ!」

ってなる職場なら承認欲求も満たされ、気分を切り替えて次の個別タスクの開発に取り組めるかもしれないが、実際は違う。 現実の開発では個別タスクを達成しても、集中している周囲の人間の邪魔にならないように軽く休憩したりするくらいだろう。

ソフトウェア開発は、コーディングの段階になると集中して開発する必要があるため、孤独で静かな作業になる。 集中した時間それ自体は、達成感と心地よい疲労感を得られる。 ただ、本来は課題を達成した直後に「やったね」「おめでとう」「やればできると思っていたよ」などの賛辞があるべきだ。 現代人は、もっと承認欲求を満たされなければならないと思う。

そして、現代人の承認欲求を満たすために開発されたのが「クエリちゃんのタスク管理」だ。

query_first_message

解説しよう。 これは、普通のタスク管理システムに見えるかもしれないけど、登録したタスクを完了するとクエリちゃんが褒めてくれる凄いシステムだ!

開発を終えてタスクを終了のボタンを押す、その緊張が弛緩するタイミングで「やったのデス!」とか「すごいのデス!」と褒められると、

「あぁ〜〜、これが承認欲求が満たされるというやつか〜」

ってなる。 このシステムを使ってると、自分の承認欲求が満たされるのは当然として、他人を褒めることの大切さも理解できます。  つまり、自他共栄の雰囲気を自然に広めることができるのです!

まぁ、冗談はここまでにして言いたかったことをまとめると

  • 褒められるのは、いいぞ!
  • もっと他人を褒めよう。
  • クエリちゃん、ありがとう。

ってなる。
これからも、少しずつでもいいから自分の環境を改善していきます。

クエリちゃんのタスク管理
http://hyakuren-soft.sakura.ne.jp/query_manager/