カテゴリー別アーカイブ: 艦これ

Mac の Homebrew を使った実行ファイルのリリーステスト

まず、Homebrew で作った app ファイルをリリースしようとしたときに、自分の Mac では動作するのに、渡した人の Mac では動作しない、という問題に遭遇しました。
これは OpenCV を使っていて、libopencv_highgui.2.4.8.dylib が libopencv_core.2.4.dylib を利用していて、そのあたりの依存関係を install_name_tool で変更してなかった! というのが原因でした。

最初は

$ brew unlink opencv

で opencv を無効にしていたのですが、これだとリリース用のフォルダにある libopencv_highgui.2.4.8.dylib が直接 /usr/local/Cellar/opencv/2.4.8.2/lib/libopencv_core.2.4.dylib に依存していたのを、自分の Mac では検出できません。
(unlink は Cellar と /usr/local/ とのシンボリックリンクを削除)

それで、思いついたのが以下の方法です!

$ cd /usr/local/
$ mv Cellar Cellar_orig

我ながら「強引だな!」と思います。
で、この方法でリリース用フォルダのプログラムが実行できることを確認したら、忘れずに以下のコマンドで Cellar を元に戻します。

$ mv Cellar_orig Cellar

まぁ、そもそもコマンドラインでビルドしてリリースするのが良くないんじゃないかな、とは思っています。(コマンドラインでなく XCode を使うとか?

悩ましいです…。

「赤城さんのお風呂タイマー」用のテーマを作ってみよう!

「赤城さんのお風呂タイマー」のテーマとは

「赤城さんのお風呂タイマー」用のテーマの作成方法の紹介です。テーマとはツールにキャラクター等の画像を配置する仕組みで、このツール専用の「伺か」のようなものです。

zunko_setup_screenshot

 

テーマを作ってみる

  1. まず、これがテーマを作るために今回用意したサンプルファイルです: sample_theme
  2. このファイルを展開したフォルダを bath_timer-0.1.6\theme\ に配置します。
  3. bath_timer-0.1.6\theme\sample_theme\build.bat を実行します。
  4. bath_timer-0.1.6\theme\sample_theme.dat ができていれば成功です。
  5. ツールを起動し直すとテーマ一覧に Sample Theme が追加されます。

sample_theme_list

テーマを構成するファイルと役割

ここまででテーマが作成できました。 次は、このテーマを変更できるようにするために、構成するファイルの内容を説明します。

?README.txt
「テーマについて」 の前半に表示されるメッセージです。

COPYING.txt
「テーマについて」 の後半に表示されるメッセージです。

logo.pngテーマ一覧に表示される画像です。

resource.yaml
アニメーションなどの定義を行っている YAML ファイルです。
Image: Background … テーマの最も後ろに表示される画像のファイル名です。
Image: Parts … 表示する画像のファイル名と表示位置を定義しています。Cell: … アニメーションのセルに相当します。重ねて表示する画像を定義します。
Pattern: … セルと表示ミリ秒の組み合わせでアニメーションを定義します。

events.lua
ツールが操作されたときに呼び出される関数が記述された Lua スクリプトです。
例えば、ツールがクリックされたときの処理は
function single_clicked(theme)
theme:set_pattern(“normal”)
end
となっており、normal のアニメーションの開始を指示しています。

最後に

ちゃんとしたテーマエディタを作ろうとしたのですが、紹介だけになってしまいました…。
わからないことや希望があればコメントを下さい。なんとかします。

「赤城さんのお風呂タイマー」の仕組み

赤城さんのお風呂タイマーとは

「赤城さんのお風呂タイマー」は「艦隊コレクション -艦これ-」用のタイマーツールです。タイマーの値をこのツールから確認できるため、ゲーム時にタイマーの値を見に行く手間を減らすことができます。「赤城さんのお風呂タイマー」では、タイマー値の取り込みをキャプチャした画像の OCR で行なっています。

処理の概要

赤城さんのお風呂タイマーでの処理の概要は、以下のような流れになります。

    1. ユーザがキャプチャボタンを押したら処理を開始する。
    2. ゲーム画面位置を検出する。
    3. タイマー値の OCR 処理を行う。
    4. 取り込んだタイマー値をファイルに保存し表示に反映させる。

empty_capture wind_0_90 value_captured

詳しい処理は、以降で順に説明していきます。

ゲーム画面位置の検出

キャプチャボタンが押されたときに画面のスクリーンショットを GUI ライブラリの Qt の機能で取得し、その画像内からゲーム画面の位置推定を行います。

具体的には、あらかじめゲーム画面とマッチする画像を用意しておき、画像処理ライブラリの OpenCV のテンプレートマッチングでゲーム画面の位置を推定しています。マッチングに用いる画像はゲーム画面の拡大率が 100 % 用のものと、100 % 以外用の 2種類あります。

ゲーム画面の拡大率が 100 % のときの処理

ゲーム画面と同じ大きさの画像を用意し、OpenCV の matchTemplate() を用いてマッチングを行なっています。マッチング用の画像はツールの data フォルダにあり、何かあった場合にユーザでも変更できるようになっています。

frame
テンプレート画像
frame_100_matched
マッチング結果を赤色で表示

それなりに良い精度で認識してくれます。ありがとう OpenCV !

ゲーム画面の拡大率が 100 % 以外のときの処理

この処理は 100 % 用の画像でのマッチングに失敗した場合に行われます。処理の概要としては4すみ用に L 字型のマッチング画像を用意しておいてマッチングさせ、結果として、ゲーム画像の1辺が推定できればその大きさをゲーム画像として処理します。

frame_success
揃っている辺があれば認識できたとみなす
frame_fail
揃っている辺がなければ認識失敗とみなす
推定した位置の扱い

ここで推定したゲーム画面の位置は、以降のタイマー値の読み込みに成功した場合にキャッシュされます。つまり、タイマー値が適切に読み込めた場合は、次回のキャプチャ時にはこれらのテンプレートマッチングの処理は省略されます。
デバッグ動作時に出力される profile_log.txt によると、この推定には 300 ms 程度の時間がかかっているため、2回目以降はその時間だけツールのレスポンスが早くなります。

タイマー値の OCR 処理

ゲーム画面の位置推定が終わったら、タイマー値がある位置を切り取り Tesseract OCR にて処理します。

OCR 処理結果の取り込み

タイマー値の種類は「遠征」「入渠」「建造」の3種類がありますが、それらのタイマー文字列の場所と大きさはツールの data フォルダにある number_positions.yaml で管理しています。タイマー位置の定義をファイルにしているのは、いずれ UI が微調整されたときに各ユーザでも対応できるようするためです。
data/number_positions.yaml の全文

# Mission
- 1:
? - size: 88x17
? - positions:
??? - 0: +710+391

# Repair
- 2:
? - size: 102x23
? - positions:
??? - 0: +610+160
??? - 1: +610+241
??? - 2: +610+322
??? - 3: +610+403

# Create
- 3:
? - size: 100x26
? - positions:
??? - 0: +394+181
??? - 1: +394+259
??? - 2: +394+337
??? - 3: +394+415

# Mission name
- 4:
? - size: 128x1
? - positions:
??? - 0: +584+118

このツールでは、このファイルで定義された位置の矩形画像に Tesseract OCR を用いた OCR 処理を行います。OCR 処理で得られた文字列が「01:23:45」のように、数値とコロンから構成されていた場合のみ、読み取りが成功したとみなしています。

target_2.0

現状では OCR は tesseract.exe をパッケージに含めて実行してますが、これは Windows の MinGW でのビルドでは Tesseract OCR をライブラリとしてリンクすると実行ファイルである bath_timer.exe の実行に失敗するようになったためです。今でもこの問題の解決方法は調査できていません。

OCR 処理の順番決め

タイマー値には「遠征」「入渠」「建造」の種類がありますが、これらが同時に表示されることはなく、ゲーム画面には1種類しか表示されていません。なので、このツールでは現在のシーンの推定を行い、タイマー値がない場所への OCR 処理を減らすようにしています。

  • やっていること
    • ゲーム画面の画素の色から現在のシーンを推定する。
    • あるシーンのタイマー値が取得できたら、他のシーンのタイマー値の OCR 処理は行わない。
    • 推定したシーンのタイマー値が取得できなかったら、他のシーンのタイマー値について OCR 処理を行う。

scene_estimate_mark? 推定に用いる画素の位置

1回の OCR 処理には 30 ms から 80 ms 程度の時間がかかるため、このような対処を行うことで、(それなりには) ツールのレスポンスを改善しています。

「遠征」の OCR 処理について

遠征以外については、タイマー値の場所が固定なのですが、遠征のみ「遠征の種類」「その遠征のタイマー値」といった構成になっています。

「今のタイマー値がどの遠征名のものなのか」を処理するために、このツールでは遠征名の画像に対応するキーを生成し、そのキーにタイマー値を対応させています。

具体的には、遠征名から 128 x 1 サイズの画像を切り取り、それの CRC 結果をキーとして利用しています。これにより「遠征1」のタイマー値と「遠征2」のタイマー値を区別しています。

mission_rects

取り込んだタイマー値の保存

取り込んだタイマー値は、タイマー値を PC が取り込んだ時刻と取り込んだ値をペアで timer_items.csv というファイルに出力して保存しています。これにより任意の時刻にけるタイマーの残り時間が一意に決まります。

将来的なゲーム UI 変更への対処

私がプログラマでいる限り必要だと思ったメンテナンスは行うつもりですが、私のメンテナンスに我慢できない人がいるかもしれないので、このツールはオープンソースで開発しています。

また、ゲーム UI 変更に伴ってゲーム画面のサイズ変更やタイマー値の位置変更がなされた場合のために、ユーザでも対処できるようにゲーム画面認識用のテンプレート画像やタイマー文字列位置の定義ファイルはツールの data フォルダに配置してあります。(もちろん、このツールが必要なくなる UI 変更は大歓迎です!)

最後に

この記事において誤記、およびわかりにくい箇所があればお知らせ下さい。
修正いたします。